アナリーゼ 思考と心 音楽理論

分析よりも感じることを大切に

和声学や対位法、アナリーゼなど
たくさん勉強会して知ってはいても
「属七だからドミナント」
としか思わなかったら
せっかく分析できても
あまり意味がありません。

だって楽譜を学術用語に
言い換えたからって
演奏にはどう反映したらいいか
わかりませんからね。

有吉尚子です。こんにちは!

楽譜を見ることのゴール
ドミナントかどうかわかること
ではなくて、
楽譜からストーリーを読み取って
その魅力を聴いてる人にわかるよう
表現すること。

どんなお話が書いてあるのか、
場面はどうなのか、
登場人物がいるなら誰のどんな
セリフや動作なのか、
暖かいのかヒンヤリしてるのか、
楽しいのか憂鬱なのか、
そういう作品の中身を想像して
何を自分が感じるのかが大切。

そして見た楽譜から何をどう
感じるかのヒントを得たり
裏付けをするのが音楽理論です。

だから色んなストーリーや情景を
思い浮かべられる経験があることが
音楽のイメージ力の幅広さ
でもあるんですね。

そう考えてみると、
記号の言い換え方しか知らなければ
いくら楽譜を眺めても表現の幅が
広がるのは期待できませんね。

そういうファンタジーを心の中に
たくさん持つために
絵画やダンスなど
他の分野の芸術に触れたり、
あちこちに旅行したり、
色んなジャンルの本を読んだり、
人間関係から感じることを
たくさん経験していることが
活きてくるんです。

分析よりも先に大切なのが、
人の心で何を感じるかなんですね。

頭でっかちになって理論武装せず
心を豊かにしておくことも
音楽をするには必要なことですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 思考と心, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド