アナリーゼ 思考と心 音楽理論

分析よりも感じることを大切に

Pocket

和声学や対位法、アナリーゼなどたくさん勉強会して知ってはいても「属七だからドミナント」としか思わなかったらせっかく分析できてもあまり意味がありません。

だって楽譜を学術用語に言い換えたからって演奏にはどう反映したらいいかわかりませんからね。

有吉尚子です。こんにちは!

楽譜を見ることのゴールはドミナントかどうかわかることではなくて、楽譜からストーリーを読み取ってその魅力を聴いてる人にわかるよう表現すること。

どんなお話が書いてあるのか、場面はどうなのか、登場人物がいるなら誰のどんな
セリフや動作なのか、暖かいのかヒンヤリしてるのか、楽しいのか憂鬱なのか、そういう作品の中身を想像して何を自分が感じるのかが大切。

そして見た楽譜から何をどう感じるかのヒントを得たり裏付けをするのが音楽理論です。

だから色んなストーリーや情景を思い浮かべられる経験があることが音楽のイメージ力の幅広さでもあるのですね。

そう考えてみると、記号の言い換え方しか知らなければいくら楽譜を眺めても表現の幅が広がるのは期待できませんね。

そういうファンタジーを心の中にたくさん持つために絵画やダンスなど他の分野の芸術に触れたり、あちこちに旅行したり、色んなジャンルの本を読んだり、人間関係から感じることをたくさん経験していることが活きてくるのです。

分析よりも先に大切なのが、人の心で何を感じるかなのですね。

頭でっかちになって理論武装せず心を豊かにしておくことも音楽をするには必要なことですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 思考と心, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド