アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 思考と心 練習

音の何をイメージしてますか?

なんだか特定の音だけ
妙に鳴りにくかったりこもったり、
なんてことはありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

それは楽器の特徴だけでなく
ソルフェージュが出来てないことが
原因かもしれません。

この記事を読み続けている方には
出す音をイメージしてから吹く、
それはもう当たり前だと思います。

では。

そのイメージにはどんな要素が
含まれていますか?

音程や歌い方やどれくらいの息で
吹き込むかアンブシュアは、
そこまでは考えているでしょう。

では出す音がどんな風に身体に
共振して響きを作るか、
なんてことはどうでしょう。

響きと作る振動は楽器だけでなく
身体にも伝わっていくものです。

その身体にどんな風に振動が
伝わるかによって鳴り方や音質も
変わるんですね。

無意識に音が鳴るのに任せたら、
楽器と一緒に振動させたいはずの
身体の部分を固めて響きを止めてる
ようなことはないでしょうか。

ひとつひとつの音に見合った
響きの作り方を考えていなければ、
鳴りにくい音も抜けやすい音も
同じ響かせ方になりますよね。

それでは出てくる音はデコボコに
なっても当たり前。

楽器の特性を知って
それをコントロールするのは
自分の耳が頼りになります。

おかしいなと思ったら響かせ方を
変えるために身体の使い方を
工夫してみてもいいでしょう。

そして音を出す前にその準備を
することができるためには
どんな音をどんな響かせ方で
演奏するかのイメージが不可欠。

音程や歌い方だけでなく
そんなことも事前準備に含めると
発音してから「あれ?」
なんてことは減っていきますよ!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 思考と心, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド