楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

吹奏楽を立ち上げたりコンサートに
積極的に参加されたりなど
精力的に音楽活動をされている
クラリネット吹きさん、
今後合奏をリードすることが
必要になったときのために
知識やスキルを磨きたい、
ということで講座やレッスンに
いらっしゃいました。

今回は個人レッスンの
ご感想を紹介いたします。

▼ここから▼

●レッスンの感想や学んだことを
 お書きください。

スケールの練習の仕方
音の出し方、テヌート、
スタッカート
短いエチュードにも物語があって、
短時間に目まぐるしく
場面が変わっていること。

●特に印象に残った瞬間が
 ありましたらその理由を
 お聞かせください。

音の出し方。

息の量やリードへの
圧力のかけ方が、
音によって差があること。

スタッカートはより息の量が
必要になること。

●有吉尚子ってこんな人でした。

今、自分が困っているところを
丁寧にいい方向にいく手助けを
優しくしてくれる先生でした。

●このレッスンはどんな人に
 オススメですか?

楽器をやっていて
伸び悩みを感じている人

●これからレッスンを受ける方に一言!

楽器を吹いていて物足りないと
感じているなら、
迷わずすぐにレッスンを受けて
解決した方がいいですよ。

神奈川県 公務員
加藤 隆さん 30代
楽器:クラリネット

▲ここまで▲

この時のレッスンでは
クラリネット用のスタンダードな
エチュードを取り上げて、
その曲の中にどんなストーリーが
込められているのか読む方法
などを見ていきました。

アナリーゼといっても
机に座ってお勉強、
というタイプではない学び方も
あるんですよね。

なんだかもの足りないけれど
何をしたらもう一歩先へ進めるのか
わからないで行き詰まってる、
という方は一度体験してみると
良いかもしれませんね。

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/page-1709/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。