アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

口が痛くなる原因

Pocket

クラリネットを長時間吹いてると唇が痛くなることがあるんですが、これってどの楽器にも共通する原因が一つあるんです。

それは疲れると息の量と息の出口の狭さのバランスが変わってくること。

有吉尚子です。こんにちは!

どの楽器でもアパチュアやリードとマウスピースの開きなど息と出口の広さのバランスが上手く取れているというのが音を出すのに必要なことのひとつですね。

息が少なすぎたら音にならないし、出口が広すぎても息のスピードが落ちるので発音しにくくなります。

このバランスのことはよくホースの先をつぶすイメージで例えられますね。

吹き始めは元気いっぱいですから唇の筋肉も上手く使えていて息の出口を狭くしておけますし、たくさん息を使うこともできます。

そして疲れてきて息の量が減ったら出口はより狭くならないと息のスピードが落ちるんですよね。

だから唇の締め付けや舌などのアンブシュアは狭くしていきます。

なので息が疲れてサボり始めると唇などアンブシュア周りの筋肉はより働かなきゃなりません。

そうなると唇も疲れてきますね。

そこでシングルリード奏者はアゴと歯で噛む動きを使って狭さをキープしようとしがちなんです。

歯で噛んだら巻き込んだ下唇が痛くなるのは当たり前です。

食べるときには固い肉でもちゃんと噛み切れる歯ですから。

そして紙を歯に巻いて痛みを緩和し続けていると、どんどん強く噛むようになってときには顎関節症に繋がったりなんてことも起きうるんですね。

反対に息がしっかりたっぷり流れ続けていたらアンブシュアの締め付けに頼り始める必要は別にありません。

そしてそもそもの原因のひとつ息の吹き込みが疲れるかどうかは使ってる筋肉によって、また身体全体の使い方によって変わってきます。

口の痛みは口が原因でないこともあるわけですね。

実際にご自身が何をやってるために奏法に影響が出ているかはもちろん人それぞれ違うので一概には言えませんのでもっと詳しく知りたい場合はレッスンで見せてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド