アナリーゼ 合奏・アンサンブル 練習 音楽理論

新世界アングレソロの盛り上げ方

Pocket

前回の記事ではドヴォルザークのシンフォニー第九番から第2楽章冒頭のコールアングレのソロを見ていました。

有吉尚子です。こんにちは!

前回音域の低い部分を見たので今回は音が高くなって音量の変化も付いた盛り上がりのところを見てみましょう。

(小節数はソロの開始から12小節間として数えています。)

まず5小節目からの4小節間、これは音域・音量から見ると盛り上がってますが、ハーモニーをざっくり考えると色付けをするオシャレ和音の四度になっています。

 

固く鋭く激しいようなタイプの盛り上がりではありませんね。

どちらかと言うと柔らかく明るくなるような変化です。

ところどころアングレパート譜記譜ソの音のあたりで五度が顔を出しますが、落ち着き和音に解決はしないふわふわ浮いたみたいな感じのフレーズになっていますね。

帰りたいけど帰れない、というような落ち着かなさがこの4小節の盛り上がり方と言えるでしょうか。

さらに最後の盛り上がり音形で一番高い♭ラ♭シドーの部分は六度なんです。

落ち着きの仲間だけれどあんまり収まりのよくない、何だか座ろうとした椅子を引っ込められたみたいな和音です。

落ち着きのトニックに帰ったー!と思ったらあんまり落ち着かない、まだ帰れないの・・という雰囲気。

次の12小節目も五度や属七などガッツリ盛り上がるドミナントではなくて四度からの主和音なんですね。

盛り上がるとはいえ、やっぱりここでもキツイ硬い音は選びませんね。

どちらかと言うと柔らかくて切ない音色のほうが合うでしょう。

このフレーズは短調でもなく単三和音もほとんど出てこないので悲しみや絶望みたいな感じではありません。

ある程度明るくて柔らかくてそれでいて帰れない場所を想う、まさに郷愁を感じさせるフレーズです。

ドヴォルザークが故郷のボヘミアを遠く離れたアメリカから思う、というエピソードも「新世界より」というタイトルも納得の音楽ですよね。

「家路」なんて歌詞付きの曲にアレンジされるのも自然なことかもしれません。

短いソロのフレーズですが、こんな風に見てみると面白いものですね!

歌い方や運び方はもちろん百人百通りですから色々あるのが自然だと思いますが、フレーズの吹き方に迷ったら参考にしてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 合奏・アンサンブル, 練習, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド