アナリーゼ 合奏・アンサンブル 練習 音楽理論

新世界アングレソロの盛り上げ方

前回の記事では
ドヴォルザークのシンフォニー
第九番から第2楽章冒頭の
コールアングレのソロを
見ていました。

有吉尚子です。こんにちは!

前回音域の低い部分を見たので
今回は音が高くなって音量の
変化も付いた盛り上がりのところを
見てみましょう。

(小節数はソロの開始から
12小節間として数えています。)

まず5小節目からの4小節間、
これは音域・音量から見ると
盛り上がってますが、
ハーモニーをざっくり考えると
色付けをするオシャレ和音の
四度になっています。

 

固く鋭く激しいようなタイプの
盛り上がりではありませんね。

どちらかと言うと柔らかく
明るくなるような変化です。

ところどころアングレパート譜
記譜ソの音のあたりで
五度が顔を出しますが、
落ち着き和音に解決はしない
ふわふわ浮いたみたいな感じの
フレーズになっていますね。

帰りたいけど帰れない、
というような落ち着かなさが
この4小節の盛り上がり方
と言えるでしょうか。

さらに最後の盛り上がり音形で
一番高い♭ラ♭シドーの部分は
六度なんです。

落ち着きの仲間だけれど
あんまり収まりのよくない、
何だか座ろうとした椅子を
引っ込められたみたいな和音です。

落ち着きのトニックに帰ったー!
と思ったらあんまり落ち着かない、
まだ帰れないの・・という雰囲気。

次の12小節目も五度や属七など
ガッツリ盛り上がるドミナント
ではなくて四度からの主和音
なんですね。

盛り上がるとはいえ、
やっぱりここでもキツイ硬い音は
選びませんね。

どちらかと言うと柔らかくて
切ない音色のほうが合うでしょう。

このフレーズは短調でもなく
単三和音もほとんど出てこないので
悲しみや絶望みたいな感じでは
ありません。

ある程度明るくて柔らかくて
それでいて帰れない場所を想う、
まさに郷愁を感じさせる
フレーズです。

ドヴォルザークが故郷のボヘミアを
遠く離れたアメリカから思う、
というエピソードも
「新世界より」というタイトルも
納得の音楽ですよね。

「家路」なんて歌詞付きの曲に
アレンジされるのも
自然なことかもしれません。

短いソロのフレーズですが、
こんな風に見てみると
面白いものですね!

歌い方や運び方は
もちろん百人百通りですから
色々あるのが自然だと思いますが、
フレーズの吹き方に迷ったら
参考にしてみてくださいね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 合奏・アンサンブル, 練習, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド