アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

高息圧での発音のメリットとデメリット

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

休符の後にsffzの音を吹いたり高い音を突然出さなきゃならない、という場合に吹く前にはちょっとドキドキしながら準備をすると思います。

小さな音で優しくそっと発音するのに比べたら吹くのに使うエネルギーは高音や大きな音の方が確実に大きいですもんね。

それでは。

一気に吹き込もうと思う時にその大きなまたは高い音の発音にどれくらいのパワーが必要か考えてみたことはありますか?

または小さな音でそっと優しく発音するときもどれくらいの力加減がふさわしいか試したことはあるでしょうか。

もしかして「どれくらいかよくわからないから大は小を兼ねるというし多めに力をかけてみよう!」なんて吹き方をしてはいませんか?

必要以上に圧力をかけて発音したらたしかに出なくてスカすような失敗の確率は下がりそうですね。

でもそんな出し方をするときに発音のニュアンスはコントロールできるでしょうか。

とにかく圧力をかけて失敗なく音を出すことがゴールになったら音を出す以上の表情や音質など本当に音楽に必要なことがお留守になってしまわないでしょうか。

最小限どれくらいの力が発音に必要なのかは日々丁寧に基礎をやっていくとだんだんわかってくるもの。

それをサボってとにかく高圧力で!というのはもしかしたらメリットよりもデメリットの方が多いかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド