楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

休符の後にsffzの音を吹いたり
高い音を突然出さなきゃならない、
という場合に吹く前には
ちょっとドキドキしながら
準備をすると思います。

小さな音で優しくそっと
発音するのに比べたら
吹くのに使うエネルギーは
高音や大きな音の方が
確実に大きいですもんね。

それでは。

一気に吹き込もうと思う時に
その大きなまたは高い音の発音に
どれくらいのパワーが必要か
考えてみたことはありますか?

または小さな音で
そっと優しく発音するときも
どれくらいの力加減がふさわしいか
試したことはあるでしょうか。

もしかして
「どれくらいかよくわからないから
 大は小を兼ねるというし
 多めに力をかけてみよう!」
なんて吹き方をしてはいませんか?

必要以上に圧力をかけて発音したら
たしかに出なくてスカすような
失敗の確率は下がりそうですね。

でもそんな出し方をするときに
発音のニュアンスは
コントロールできるでしょうか。

とにかく圧力をかけて失敗なく
音を出すことがゴールになったら
音を出す以上の表情や音質など
本当に音楽に必要なことがお留守に
なってしまわないでしょうか。

最小限どれくらいの力が
発音に必要なのかは
日々丁寧に基礎をやっていくと
だんだんわかってくるもの。

それをサボってとにかく高圧力で!
というのはもしかしたら
メリットよりもデメリットの方が
多いかもしれませんね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。