楽器練習効率化ガイドブック

音を出す前には
ちゃんとブレスをして、
アンブシュアをセットして、
よし!吹くぞ!なんて感じで
吹き始めていませんか?

もしもついつい力んでしまったり
無駄に力が入りすぎてしまう、
なんて場合にはその吹く前の準備が
原因になっているかもしれません。

有吉尚子です。こんにちは!

吹く前の準備の一環として
グッとお腹に力を入れるというのは
吹奏楽器ではありがちなんです。

そして準備したからってすぐに音に
ならないことからもわかる通り、
そのお腹に入れた力で音が
出ているわけではないんですね。

つまりその一瞬の「グッ」は
余計なことなんです。

そして身体のどこかで必要以上の
力を使っていたら
必要な所にかける筋力が
足りなくなるわけです。

もちろん息を吸うことも
アンブシュアをセットすることも
吹き込みに使う力も
演奏には必要です。

そして必要以上の力を使えば
必要なことが問題なく出来る
というわけではなく
かえって邪魔をしてしまう
ということもあるんですね。

吹く直前の一瞬の準備に
吹きにくくなる無駄なことを
含めていないか振り返ってみるのも
役に立ちますよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。