楽器練習効率化ガイドブック

「一日にどれくらい練習するのが
いいんでしょうか。」

というご相談をよくいただきます。

有吉尚子です。こんにちは!

果たして練習は長時間であるほどが
良いのでしょうか。

これを読んでいる方なら
そんなことはないのを
すでに知っていると思います。

変なクセをつけるような
いい加減な吹き方で長時間やるなら
とても良くこだわって
短時間のほうがずっといいのは
明らかですよね。

そして最低何分なんていう目安も
人によるので何ともいえません。

お昼休みに15分だけ毎日吹く、
という方もいれば夜に3時間は
練習するのが日課という方も、
日曜に1時間だけという方も、
それぞれの生活のペースの中で
自分が無理なく続けられるリズムを
見つけて上達されています。

そして専門家を目指す学生の場合は
一日10時間でも集中して練習
するのが楽しかったりもします。

そんな人それぞれの中で
ひとつだけ頭に置いておきたいのは
本当はやりたくないと思ってる時に
ノルマの時間だけ漫然と音出しを
するのは良くないということ。

やりたくないと思ってるときには
身体も固く動きにくくなったり
やらないための他の用事を探す
思考になっていたりします。

それを習慣付けてしまうことに
なるのは不本意ですよね。

「2分でいいから吹きたい!」
そんな気持ちの時なら
ほんの少しでも練習するのは
役に立つでしょう。

でも
「決まった時間だけ音を
出さなければならない」
なんてモチベーションのときは
思い切って休んでしまう方が
いいでしょう。

結局どれくらい練習時間を取るのが
いいかという質問には
「本人がやりたいと思うだけ」
というお答えになりますね。

ご自身が何をどれくらいやりたいと
思っているのかというのが
一番参考になると思いますよ。

「質問してみたい!」という方は
メルマガ登録後に届いたメールへの
返信でお送り下さい。

日々たくさんのメッセージや
ご質問をいただいているため
全部にお返事は出来ませんが
必ず読ませて頂いております。

直接見ないと何ともいえない
個別ケースは実際のレッスンで
ご相談いただいておりますが、
多くの方が気になっていそうな
トピックには公開記事として
お返事をしています。

質問はないけれど感想を伝えたい!
という方も大歓迎です。

記事のリクエストもできるメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。