楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

突然ですがヒラメとまぐろ
何が違うと思いますか?

「音楽のページだと思ってたのに
魚には興味ない!」

そんな声も聞こえてきそうな気も
ちょっとだけしますが、
これは演奏するときの
疲れやすさに関係した、
人間の身体にも共通すること
ぜひなので考えてみましょう。

単純に考えて、
ヒラメは白身でマグロは赤身です。

ヒラメは短距離を
瞬間的に泳ぎますが、
マグロは反対に遠距離を
長く続けて泳ぎます。

ヒラメは瞬発力があって
マグロは持久力があるんですね。

何の話かわかってきましたか?

そう、筋肉のお話です。

ヒラメは敵に食べられないように
危険を察知したら瞬発力を使って
逃げなきゃなりません。

なのですぐ疲れるけれど強い
筋肉がついているんですね。

その強いけどすぐ疲れる筋肉は
白筋とか速筋とか言われます。

そしてマグロは、
泳ぎながら呼吸をしていて
休んだら死んでしまうので
長距離を泳ぎ続ける持久力が
必要です。

なので酸素をためておく
赤いミオグロビンというのが
たくさんな筋肉になるんですね。

これは遅筋とか赤筋とか
呼ばれます。

魚についてはネット検索をしたら
もっと詳しい解説がたくさん
出て来るはずなので
興味のある方はググってみて
くださいな。

そして。

人間の身体にはその白筋と赤筋の
両方がついています。

ざっくり言うと身体の深層には
赤筋が多くて浅層には白筋が
多くなっているそうです。

身体の浅層にあって疲れやすい
腹直筋なんかがメインで吹き込みを
していると疲れやすいわけです。

オマケにきつい音になったり
コントロールしにくいですしね。

代わりに腹横筋や骨盤底筋など
深層筋で吹き込みをしていると
遅筋なのでそんなにすぐに疲れる
ということはないんですね。

吹いたらやたらとすぐ疲れる、
という場合はお腹がカチカチになる
シックスパックの腹直筋がメインで
働いているかもしれませんね。

参考にしてみてくださいね。

ちなみに有酸素運動は赤筋、
無酸素運動は白筋が主に働いて、
カロリー消費が多いのは
赤筋の方なんだそうですよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。