楽器練習効率化ガイドブック

陰口やネット上の誹謗中傷以外に
たとえ善意からしていることでも
受け手からは
「なんだかなあ・・」
と思われてしまうトンチンカンな
意見をアドバイスとして
伝えてくる人に出会うことって
あるかもしれませんね。

有吉尚子です。こんにちは!

たとえば、
フルートを吹いたことのない人が
自分の知ってるフルート奏者が
かつてやってたことを見聞きして
それをフルート初心者にアドバイス
として伝える場合とか、

同じ楽器の先輩奏者が
自分がやってうまくいったことを
後輩に伝えたいけれど
適切な伝え方がわからない
なんて場合。

何か助けになることをしたくて
でも何をしたらいいかわからない、
そんな場合に一見トンチンカンに
聞こえるコメントって
ありがちだなと思うんです。

そんな
「純粋に貢献したい」
という場合、
その気持はありがたいですね。

他には
・単純に自分の話を聞いてほしい
・何か要求があってそれを通したい
なんてパターンもあるかも
しれません。

そんな悪意はないけれど
建設的とはいかない意見に接したら
まずはイライラして怒るよりも
「この人がこれを言う理由は
 何なのだろう?」
なんて考えてみるのは
どうでしょうか。

話を聞いてほしかったり
要求したいことがある場合でも
単純に善意でも、
人が行動を起こすには
何かしら誰かの利益になる理由が
あるはずですね。

例えば悪意からなら自分を守る
というのも大切ではありますが、
そうでない場合は簡単に
シャットアウトしてしまわず
コミュニケーションを取ってみると
本当に伝えたかったことが
見えてくることも
少なくないですよね。

ただトンチンカンだからと
撥ね付けてしまうのは
少しもったいないことも
あるかもしれませんね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。