楽器練習効率化ガイドブック

レッスンのときに腹筋群と一緒に
骨盤底筋を使うのをやってみると、
ほとんどの方が使えてるのかどうか
よくわからなくて自信がない
ということを感じるそうです。

これ、実はその通りなんですね。

有吉尚子です。こんにちは!

骨盤底筋はあまり使ってる感は
感じられない種類の筋肉なんです。

そして使ってる感じがしなくても
吹き込みをパワフルに助けてくれる
筋肉なので上手く使えたら
とっても鳴りが良くなるんですね。

そして腹直筋なんかは使えば
すぐ疲れてきますが骨盤底筋は
そんなことはありません。

それが身体の深層にある筋肉の
特徴なんです。

感じ方は人それぞれでしょうが、
わたしの感覚で言うと
骨盤底筋をうまく使えると
何にも努力してない感じで
楽に吹けるんです。

でも実際に何もしてないわけじゃ
もちろんありません。

楽器の演奏って結構ハードな
運動ですからね。

おもしろいことですが
骨盤底筋が上手く働きにくいような
変な姿勢で吹いていると
たちまち疲れるんですよね。

というのは使えていない
必要な筋肉の代わりに
疲れやすい表層の筋肉が働くから。

アレクサンダー・テクニークは
やると疲れなくなるとか
楽になるとか
そんな都合の良いもの
ではありませんが、
適切に必要な筋肉でやりたいことが
出来ていたらやたらと無駄に疲れる
なんてことは減っていくのかも
しれませんね。

何かするときに
疲れやすくて困るという場合に
参考にしていただけたらと
思います。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。