楽器練習効率化ガイドブック

本番が近くなってくると
ついつい気が焦ってきて
練習も表面を急いでなぞるような
雑な内容になってしまいませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

目の前にまだ出来ていない楽譜が
山積みになっていたら
確かに落ち着いてはいられません。

急いで練習して間に合わせなきゃ
なりませんよね。

ではその急いでさらう過程で
普段急いでないときに大切にしてる
音の出し方や譜読みの仕方などは
お留守になっていませんか?

どんなに急いでやらなきゃ
ならないことがあったとしても、
それが一時的なことだとしても、
そのときにやってることは
確実にあなたの奏法として
身に付いていきます。

本当はこんな吹き方したくないけど
それでも仕方ないからやってる、
その仕方ない好きじゃない吹き方を
身につけていく努力をしてしまって
いるのではありませんか?

思ったようにコントロールして
音を出すためのほんの少し時間、
それって1秒とか2秒とか
そんなものですよね。

そのほんの数秒を惜しんで、
本当に狙ったことに間に合うなら
やってもいいかもしれません。

でも実際は数秒だけ多く練習しても
あまり結果は変わりませんね。

それどころか望まない余計なクセは
確実に付くんですから、
はっきり言って無駄な急ぎです。

例えその日に本番があったとしても
混乱するクセや乱暴に吹くクセを
つけようとするのはナンセンス。

どう吹きたいのか確かめるのに
乱暴に何度も流し吹きするのと
丁寧に一回だけ確認するのとで
かかる時間はさほど変わらないなら
どっちのやり方を選ぶでしょうか。

そして直前にやった練習は
やっぱり本番で出てくるんです。

本番はどっちの吹き方で
やりたいんでしょう。

時間がない中で練習するときに
考えたいことのひとつですね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。