アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

急いでるときの練習の仕方

Pocket

本番が近くなってくるとついつい気が焦ってきて練習も表面を急いでなぞるような雑な内容になってしまいませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

目の前にまだ出来ていない楽譜が山積みになっていたら確かに落ち着いてはいられません。

急いで練習して間に合わせなきゃなりませんよね。

ではその急いでさらう過程で普段急いでないときに大切にしてる音の出し方や譜読みの仕方などはお留守になっていませんか?

どんなに急いでやらなきゃならないことがあったとしても、それが一時的なことだとしても、そのときにやってることは確実にあなたの奏法として身に付いていきます。

本当はこんな吹き方したくないけどそれでも仕方ないからやってる、その仕方ない好きじゃない吹き方を身につけていく努力をしてしまっているのではありませんか?

思ったようにコントロールして音を出すためのほんの少し時間、それって1秒とか2秒とかそんなものですよね。

そのほんの数秒を惜しんで、本当に狙ったことに間に合うならやってもいいかもしれません。

でも実際は数秒だけ多く練習してもあまり結果は変わりませんね。

それどころか望まない余計なクセは確実に付くんですから、はっきり言って無駄な急ぎです。

例えその日に本番があったとしても混乱するクセや乱暴に吹くクセをつけようとするのはナンセンス。

どう吹きたいのか確かめるのに乱暴に何度も流し吹きするのと丁寧に一回だけ確認するのとでかかる時間はさほど変わらないならどっちのやり方を選ぶでしょうか。

そして直前にやった練習はやっぱり本番で出てくるんです。

本番はどっちの吹き方でやりたいのでしょう。

時間がない中で練習するときに考えたいことのひとつですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド