アレクサンダー・テクニーク 合奏・アンサンブル 思考と心 練習 身体の仕組み

それでもやっぱりブレスで力んじゃう

Pocket

前の記事で書いたように短い休符で急にブレスが出来ないという場合には事前に準備をするというアイデアが役に立つかもしれませんね。

でも。

試しに「ここで力を抜くぞ!」なんて思ってもあまり上手くいかないことが多くないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

これは何故かというと「力を抜く」というのは「力を入れることを否定する」に似ているからかなとわたしは思います。

否定形の思考は何か動きを引き起こすのにはあまり適さないというお話は何度かしていますが、「力を入れるのをやめる」ではまず最初に力を入れることをイメージしてしまいますよね。

そのイメージを改めて否定しているうちに短い休符は通りすぎてしまいます。

そして「力を入れることをしない」の変わりに何をするのかはあやふやです。

さらに曲の中では別に「力を抜く」という仕事がしたいわけではありません。

ではどう考えたら良いでしょう。

力みをやめるというのはただ単なる脱力とは違って次のフレーズを新たに思い通りにコントロールして演奏するための準備ですよね。

たとえば「次の準備をする」「新たに吹き込むために一旦吹くのを終える」「ブレス動作をしやすいような身体の状態を作る」など。

人によってピンとくる言葉は違うと思いますが、実際の動きを引き起こす肯定的な表現で意図を持ってみるとどうなるでしょうか。

力みを解除するのは何のためにやりたいことなのかを考えてみると自分にピンとくる言葉を見つけられるかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド