楽器練習効率化ガイドブック

忙しい箇所でブレスをする時や
一旦休んで新たにフレーズを
始めたいけれど休符が短い、
というときに
咄嗟にそれまでの力みをやめるのが
なかなか出来ない、
というご相談をよくいただきます。

有吉尚子です。こんにちは!

そうなんですよね。

忙しいところではわかってるのに
つい力みっぱなしになったり
するものですね。

ではここでちょっと反対に
考えてみましょう。

忙しい音形や跳躍の難所など、
曲の中の難しい場所は吹きながらも
そこまでに心の準備をしていて、
いざ難所に差し掛かった時に
自分でびっくりして引っかかる、
なんてことは普段はあまり
ありませんよね。

では。

「この後は一旦休んで力みを
 解除するぞ!」
と思って休符に入ることは
あるでしょうか。

難所を吹ききるときのように
事前に覚悟を決めて取り掛かる
ということは少なくありませんか?

一旦吹くのをやめるのは
動作のための意図としては
「この後はこの音型を吹くぞ!」
と用意するのと同じなんですよね。

もしかしたら休符になった途端に
「あ!ここで休むんだった!」
と思っているうちに通り過ぎて
いるということはありませんか?

とっさの反応が必要な場面で
何を意図するかを事前に考えるのは
複雑なパッセージを吹くときと
同じことかもしれませんね。

参考にしてみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。