楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

アマチュアのサックス吹きさんから
いただいたご質問のもう一つ、
息の方向について今回はお返事
していきますね。

==========
(ご相談)

息の向きを変えるという
アドバイスもしばし聞きますが、
本当に息の向きは
変わるものでしょうか?

練習するヒントがあれば
教えて頂けますと幸いです。

よろしくお願いします。

サックス S.Jさん

==========

息の向きを自分で意図的に
変えることができるかどうか、
結論から言うと出来ます。

これは口の中でも主に舌で
コントロールする部分ですね。

人間の舌って結構大きくて
柔軟な筋肉なんです。

平べったくなったり伸びたり
回ったり真ん中だけ高くなったり
丸まったり。

この機能を駆使するんですね。

息を吐きながら方向を変える時、
ついうっかり唇をすぼめて
色々調節したくなりますが、
その動きは楽器演奏中に
使うわけではありませんね。

実際に使う舌の動きだけで
息を吹き出す方向を変えてみるとき
口は「アー」と言うときのように
開けながらやってみましょう。

口を大きく開けていたら唇は何も
息の方向に作用することは
出来ません。

口を開けたままでかざした手に
風を感じながら舌を前に出したり
上に持ち上げたりして
息のスピードと方向がどんな風に
変わるか調べてみましょう。

これをやりながら鏡を見ると
一層わかりやすいでしょう。

かなりダイナミックな動きを
しているのに気づきましたか?

一番スピードの上がったときと
反対にゆっくりな息のとき、
舌の状態はどんな風に違いますか?

これがマウスピースを咥えたときに
使える息の方向を変える方法です。

では試しに今実験してみたことを
楽器で音を出しながら
やってみましょう。

どんな舌のときにどんな音質に
なっているでしょうか。

色々変わって面白いですよね!

音質を変えるのはもちろん舌だけ
ではありませんが、
大きな役割りを果たしている
ものですね。

参考にしてみてくださいね!

「質問してみたい!」という方は
登録後届いたメルマガへの返信で
お送り下さい。

日々たくさんのメッセージや
ご質問をいただいているため
全部にお返事は出来ませんが
必ず読ませて頂いております。

直接見ないと何ともいえない
個別ケースは実際のレッスンで
ご相談いただいておりますが、
多くの方が気になっていそうな
トピックには公開記事として
お返事をしています。

質問はないけれど感想を伝えたい!
という方も大歓迎です。

記事のリクエストもできるメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。