アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

胸式呼吸もしましょう!

Pocket

横隔膜は内臓を押して下げお腹周りをふくらませる働きをするのはすでに結構知られていることだと思います。

だけど肋骨の動きにも横隔膜が関わっているって知ってますか?

横隔膜は肋骨を上に持ち上げて肋骨の内部の容積(つまり肺)を広げる役割りもしているのです。

もしかしたらちょっとわかりにくいかもしれませんが、横隔膜は下がるときに肋骨を持ち上げるという作用もあるのです。

反対の言葉が並んでいるので混乱してしまいそうですね。

わたしもこの話を初めて聞いた時は「???もう一回言って!」などと飲み込むのに時間がかかったものでした(笑)

横隔膜は下にさがるときに平べったくなって肋骨の縁を押し広げるのです。

それが肋間筋やその他の筋肉と協力して結果的に肋骨を上に持ち上げる動きにつながります。

つまり胸が持ち上がる動きはわたしたちが呼吸をするときには自然に起きているべきもの。

「胸式呼吸はダメ!胸は絶対動かさない!」
なんていうのは盛大にブレスの邪魔をする考えなのです。

だからわたしのレッスンでは腹式呼吸が大切で胸式呼吸はダメだとは言いません。

身体全体が動いて呼吸動作が起きるのを許すというのはとても大切なこと。

気にしてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド