アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

胸式呼吸もしましょう!

横隔膜は内臓を押して下げお腹周りをふくらませる働きをするのはすでに結構知られていることだと思います。

だけど肋骨の動きにも横隔膜が関わっているって知ってますか?

有吉尚子です。こんにちは!

横隔膜は肋骨を上に持ち上げて肋骨の内部の容積(つまり肺)を広げる役割りもしているんです。

詳しい仕組みの説明は少し複雑なので実際に講座やレッスンでお会いしたときにご希望があればいたしますが、胸が持ち上がる動きは横隔膜も担っているので、「胸式呼吸はダメ!胸は絶対動かさない!」なんていうのは盛大にブレスの邪魔をする考えなんですね。

だからここでは腹式呼吸が大切で胸式呼吸はダメだとは言いません。

身体全体が動いて呼吸動作が起きるのを許すというのはとても大切なことだと思います。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド