楽器練習効率化ガイドブック

ブレスのときって努力して
息を吸い込んでいますか?

吸い込めないというのは
極端な表現かもしれませんが
肺に空気が入ってくるのは
実はあなたが何かしたからでは
ないかもしれませんよ。

有吉尚子です。こんにちは!

というのは、
空気を吐くときに使っている筋肉を
緩めたら自動的に身体が空気を
取り込む動きをするものだから。

肋骨や横隔膜やらが空気が入るよう
肺を広くする動きをしたときに、
肺の中の気圧と外の気圧に差が出て
気圧の低い肺の内部に向かって
自動で空気が流れ込むのは
物理の法則だからなんですね。

あなたが何か努力したから空気が
肺に入るわけじゃないんです。

吹くための動きをやめたことで
生命維持のための反射として
呼吸が起きるんですね。

お腹で何かしようとしたり
肩が上がらないようにしたり
音を立てることで気道を邪魔したり
など逆効果になることをしなければ
空気は入ってくると思ったら
ブレスのやり心地はどんな風に
なるでしょうか。

短い隙間で瞬間的に吸うのも
その肺の中の気圧と
肺の外の世界へ気圧の差を
作り出す作業であることに
変わりはないんですね。

どんなに急いでも努力しても
物理の法則以上に速くは
ブレスはできないんだ
ということを知っておくと
役に立つかもしれませんね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。