アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション レッスン 練習

無料でアドバイスをくれる人にご注意を

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

たまにSNS上やメールで「ブランク何年の再開何年目です。どんな練習をしたらいいですか」なんて質問をいただきます。

残念ながらこういうご質問には音を聴いていなくて吹いてる様子もみていないという状態では今どんな演奏をしていて何がその人に必要かわからないので何も言えることは無いのです。

同じ曲でもゆっくり何年もかけて音を並べてみただけなのかしっかり読み込んで練習もし、リサイタルをするような完成度にしたのかで全く違いますから。

経験年数や演奏したことのある曲というのは練習の仕方を提案するためのヒントにはならないんですね。

子供のピアノレッスンなんかではバイエル次はツェルニーでその後にソナチネ集・・なんてスタンダードな進め方があるメソッドや教室も多いですが、何年目だからこの習熟度だ、なんていうのは大人の方には目安にはならないんですよね。

極端な例を挙げるなら、年に1回3時間20年吹いてる方と毎日7時間1年吹いてる方では毎日7時間で1年目の方の方がテクニック的に出来ることは確実に多いですから。

もしも今の自分にどんな練習が必要か知りたい場合は、レッスンに直接いらっしゃるか、お一人でまたは少人数で実際に演奏している動画を見せていただけたらお答え出来るかもしれません。

それから演奏やレッスンの専門家にはほとんどいませんが、ネット上で演奏の様子をみたり音を聴いたりしていない状態で匿名でアドバイスをしたがる人は万が一そのアドバイスが逆効果になったりトラブルを招いても責任を取ってはくれませんから注意していただきたいなと思います。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, レッスン, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド