楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

趣味で楽器を吹いていて
鼻抜けでお悩みとのことで
レッスンにいらっしゃった
クラリネット吹きさん。

息のコントロールについて
良くなりそうなことがあったので
身体の仕組みや使い方のことを
ハッキリさせていくという
アレクサンダー・テクニークでも
解剖学的なアプローチからの
レッスンになりました。

吹き方が変わったことによるのか
たまたまかは何とも言えませんが、
レッスン中には鼻抜けの現象
は今回は起こりませんでした。

どのジャンルでもそうでしょうが
レッスンではやってみて
一度で解決してしまうことと、
その後に長期間かけての取り組みが
必要なことがあるんですね。

少しずつ身体の動きや息の具合や
音など観察しながら
丁寧に吹いていらっしゃって、
このまま探求を続けていけたら
もっとたくさんの変化が
ありそうだなと感じる方でした。

そんなクラ吹きさんからの
ご感想を紹介いたします。

▼ここから▼

有吉先生、
今日はありがとうございました!

どんなことでも受け止めてくださる
温かい雰囲気で、
安心してレッスンを受けることが
できました。

教わったことを身につけて
いけるように頑張ります。

また時間を作れた時に、
レッスンに伺いたいと思います。

ありがとうございました!

●レッスンの感想や学んだことを
 お書きください。

演奏する時に、
身体のどの部分が動かせるのか
意識すること、
息の圧力を高めるには
身体のどの部分を使うか
ということを学びました。

●特に印象に残った瞬間が
 ありましたらその理由を
 お聞かせください。

先生が身体を触って
動かしながら吹いている時に、
息がすっと入る瞬間があり
驚きました。

●有吉尚子ってこんな人でした。

どんなことでも受け止めてくださる
温かい雰囲気の先生でした。

●このレッスンはどんな人に
 オススメですか?

自分の身体の構造や仕組みを知って
演奏に役立てたい人に
オススメです。

●これからレッスンを
 受ける方に一言!

自分の疑問や悩みを
明確にしておくと、
より実りの多いレッスンになると
思います。

東京都 教員
E.Y.さん 20代
楽器:クラリネット

▲ここまで▲

アレクサンダー・テクニークの
レッスンでは手で身体に触れて
動きを促すようなことがあります。

普段やり慣れていない動きだと
自分ではなかなか滑らかにいかない
こともあるんですが、
それを助けるためでもあるんです。

何か未知の不思議なパワーみたいな
怪しいものではないので
安心してくださいね(笑)

一度その動きを体験できたら
自分でも知ってる動きになって
やりやすくなったりします。

今回は息が入りやすくなる吹き方を
体験していただけたので
これから奏法を考える
ヒントにしていただけるといいな
と思います。

E.Y.さん、
どうもありがとうございました!

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/page-1709/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。