コミュニケーション ソルフェージュ レッスン

日本人がやりがちな発音が甘くなる習慣

Pocket

わたしが定期的にソルフェージュのレッスンを受けていた時、よく音の立ち上がりや発音が甘いというのを指摘されていました。

有吉尚子です。こんにちは!

自分では「そうだよなあ、もっとはっきりしてみよう」と思いつつ先生の前で自分の主張をハッキリと表明するようなことはそれまであまりなかったので(猫かぶり。笑)何となくそっと歌ったり楽器でもそっと音を出したりしてしまうんですね。

はっきりさせたくないのではなくて狭い部屋の中に2人しかいないという場面でそんなに激しくきっぱりと主張するのはおかしいし音量的にも迷惑だろうという無意識のメンタルブロックがあったんですね。

そこでしているのは会話ではなくレッスンなんだからそんなことはどうでもいいはずなのに。

そしてレッスンではない少人数のアンサンブルの場面でも同じように発音が甘くなったり立ち上がりが遅れたりという習慣があったんですね。

これは気を使ってそっと話すときの息の使い方の習慣で、そっと吹き込み始めるから必要な瞬間に遅れたり発音ミスになったりしていたんです。

ソルフェージュの個人レッスンには毎週1回3年間通っていて、そのうちに話すときと歌や楽器を扱うときの息のコントロールは違うものだというのが身についてきたところがあります。

誰にでも同じように必ず起こっているということではないでしょうが、もしかしたら同じような習慣を持っている方は日本人には特に多いのではないかなと思います。

あなたは話すときと楽器演奏のとき息はそれぞれ違うコントロールになっていますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン

© 2021 聴く耳育成メソッド