楽器練習効率化ガイドブック

レッスンではそれぞれ課題や
やりたいことがあって、
それを解決するために
行かなければ意味のないものです。

そしてやりたいことは人それぞれ
段階や置かれている状況によって
違うものだと思います。

有吉尚子です。こんにちは!

客観的にはどうなっているか
チェックしてもらいつつ
練習する場として使うのも良し、
何か意見やアイデアを求めるのも
また良し。

自分では何にも不都合はないけれど
先生の目から見て何か提案
できることがあれば知りたい、
なんていう自分についての
情報集めなんていうのも
面白いものです。

でも。

やりたいことや聞きたいことが
何にもないというのは
どうでしょうか。

別段上手くなりたくはないし
こんな風に吹きたい!
という欲求も特にない、
それでは学びようがないんですね。

人は受け取りたい情報しか
受け取らないのが普通です。

パーティーで自分の名前がどこかで
呼ばれたら気がつくけれど
知らない他人の名前を耳にしても
何の用もないから気づかないのと
同じかもしれません。

「何をすればいいですか?」
なんて感覚でレッスンを受けるのは
とてももったいないことですね。

教える立場としてはレッスンで
生徒さんにしてもらいたいこと
なんて何もないんです。

先生が思うように演奏する自分の
クローンを作りたいわけでも
言うことにただ従ってほしい
わけでもなくて、
あなたがしたいことがあるなら
それを手伝いたいだけなんです。

せっかくお金も時間もかけるなら
何となくレッスンに行くより
出来るようになりたいことや
欲しい情報を自分の中で
はっきりさせておくのが
おすすめですよ。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。