コミュニケーション 合奏・アンサンブル 思考と心

「指摘」をしたくなったら

Pocket

前回の記事で書いたように自分の主張だけを押し付けてしまってはコミュニケーションを上手くいかせるのは難しいですね。

では。

お互いに関係するフレーズを吹いていて、自分は何かもっとやりたい表現などがあるのにそれと違うことをしている相手にはどんな風に伝えたらお互いに気持ちよく演奏出来るでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

代わりに「こうやった方がいいですよね」「あの有名プレーヤーはこうしてましたよ」それはあなたの価値観の表明なんですよ。

「こういう風にやってみるのはどう思いますか?」とか「こんな風にやりたいんだけど付き合ってくれない?」そんな言葉を選んでみるのはどうでしょうか。

発言力の強い相手に仕方なく合わせるというのが続けば反感を感じるのは自然なこと。

せっかく出会って一緒に長い時間を共有する相手ならお互いに快適に過ごしたいものですよね。

周りがどんなに煽っても本人がやりたいと感じないことはさせることはできませんから。

そもそも練習はしたくない、その場で音を出せれば満足、というタイプなら短いほんの数フレーズの素材で「この曲一緒にやってみよう」なんてお互い楽しいと思えることに誘うのも良いかもしれませんね。

要求するのではなく提案すること、どんなコミュニケーションでも大切な視点かもしれません。

そして提案したことに対していい反応が欲しかったら「自分もそれが良いと思う!」という気持ちになりやすい言葉を探してみませんか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 合奏・アンサンブル, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド