楽器練習効率化ガイドブック

前回の記事で書いたように
自分の主張だけを押し付けて
しまってはコミュニケーションを
上手くいかせるのは難しいですね。

では。

お互いに関係するフレーズを
吹いていて、自分は何かもっと
やりたい表現などがあるのに
それと違うことをしている相手には
どんな風に伝えたらお互いに
気持ちよく演奏出来るでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

代わりに
「こうやった方がいいですよね」
「あの有名プレーヤーは
こうしてましたよ」
それはあなたの価値観の表明
なんですよ。

「こういう風にやってみるのは
 どう思いますか?」
とか
「こんな風にやりたいんだけど
 付き合ってくれない?」
そんな言葉を選んでみるのは
どうでしょうか。

発言力の強い相手に仕方なく
合わせるというのが続けば
反感を感じるのは自然なこと。

せっかく出会って一緒に長い時間を
共有する相手ならお互いに快適に
過ごしたいものですよね。

周りがどんなに煽っても本人が
やりたいと感じないことは
させることはできませんから。

そもそも練習はしたくない、
その場で音を出せれば満足、
というタイプなら
短いほんの数フレーズの素材で
「この曲一緒にやってみよう」
なんてお互い楽しいと思えることに
誘うのも良いかもしれませんね。

要求するのではなく提案すること
どんなコミュニケーションでも
大切な視点かもしれません。

そして提案したことに対して
いい反応が欲しかったら
「自分もそれが良いと思う!」
という気持ちになりやすい言葉を
探してみませんか?

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。