楽器練習効率化ガイドブック

楽団仲間に対して
「もっと練習して欲しい」
「もっと真剣にやってほしい」
そんな風に思うことって
あるでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

アマチュア楽団なら色んな状況の
色んなモチベーションの人が
いるのでそんな温度差を感じる
ことも少なくないかもしれません。

そんなときってどうしていますか?

直球で
「もっと頑張ろうよ」
なんて言ってみても伝わらなくて
モヤモヤすることが多いでしょう。

あなたは良い演奏をしたいし
お客さんにも楽しんで欲しい
という気持ちでいたとしても、
相手の大切にしている価値観は
そこじゃないかもしれませんね。

練習後の飲み会が好きで
参加しているのかもしれないし、
呼吸機能維持や体力作りのために
練習に来るのかもしれません。

そしてオーディションをしていたり
入団に際して何かコンセプトに
同意したりするシステムでない限り
色んな人が来るのは仕方のないこと
でもありますよね。

そんな場合にまず知っておきたい
ことがあります。

それは
良い演奏をしたい、
お客さんに良いものを届けたい、
という気持ちを抱くのは
常識や当然感じるべきことではなく
現在のあなたの個人的な欲求
だということ。

音楽に真剣に向き合いたいと
思うのは素晴らしいことです。

そういう人と付き合いたいと
わたしも常々思っています。

とはいえそれを価値観の違う
他人に押し付けたら
お互いに理解し合ったり
譲歩し合うのは難しくならない
でしょうか。

「あなたはこれができていないから
練習するべきですよ」
そんなことを言われたって
普通はやりたくならないですよね。

もし万が一それで練習
してきてくれたとしたら、
あなたのことがとても好きで
あなたの価値観を尊重したい
と思ってくれたのか、
楽しみに来てるのに毎度毎度
面倒なことを言われるのがイヤで
それを回避するためか、
そんなところです。

この曲をこのメンバーで
こんな風にできたら楽しいな!

そのために自分のパートの完成度を
もう少し上げたいな!

そんな風に思って練習してきた
というわけではないことを
知っておいたほうが
良いかもしれません。

人間は自分でやりたいと思ったこと
しかしたくないものです。

自分の価値観を押し付けずに
お互い理解し合って譲歩し合う、
そんな関係はアンサンブルを
するときにも影響するのものです。

あなたが真剣にやりたいなら
それに共感してくれる人を探すか、
共感してもらえる何かを提示して
反応してくれるのを期待するか、
譲歩して付き合ってもらうか
なんですね。

そして
「一緒にがんばろう!」
という誘いに相手が
乗ってこなかったとしても、
それはあなたが自分の主張を
通したいと思うのと対等に
大切にされるべき権利なんです。

「どうしても相手に譲ってもらって
自分の主張を通したい!」
そんな風に思って苦しくなるのは
自分自身なんですよね。

そう考えてみると恋愛なんかと
一緒かもしれません。

ストレスが溜まったりイライラ
するのは相手のせいではなく
自分の欲求との付き合い方
原因かもしれない、
そんなことを一度立ち止まって
ゆっくり考えてみるのも
ときには役に立つものですよ。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。