アナリーゼ ソルフェージュ 思考と心 練習

ボロボロ肌に厚化粧な演奏

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

わたしが趣味で勉強している漢方で「病気の上に美容は作れない、病気は直して健康になってからさらに余裕があってこそその上の美容につなげることができる」という考え方があります。

栄養や睡眠や適度な運動などバランスが整っていてこそ、身体を健康にしておけるし健康だからこそ肌表面にまで水分が届いていたり必要な筋力を保てたり
するのですね。

これって音楽でも同じように考えられるのではないかなと思っています。

不安や迷いや痛みや苦痛があれば演奏していても完全に楽しむことはできないのではないでしょうか。

人間の根源的な性質として心身の具合が良いことの上にさらなる欲求が出てくるそうです。

不安や痛みや迷いがあればどんな面白いことがあったって楽しくなんてありませんよね。

どこか痛ければもちろん集中できないというのもありますが、「下手だと思われるかな」「苦手な箇所は聴かれたくないな」なんてメンタル的にも引っ掛かりがあってもやはりそれが気になってしまうものです。

そういうのって単純に自信を持つとか練習をするとかでは解決できないことも多いですね。

だって簡単にそれが出来るならそもそも悩みませんから。

これってやっぱり音楽についての基本的な知識やスキルがあってこそ健全な状態と言えるのではないかと思います。

楽譜を読み込む力や楽器や身体のコントロールや周りとのアンサンブルの合わせ方、そういう土台があってこそ自分のセンスとかやりたいことが出てくるものだし、心から音楽を楽しめるのではないでしょうか。

化粧でも土台になる肌がボロボロなのにその上にコンプレックス隠しの厚化粧をしてもキレイではありませんよね。

楽譜を見ても意味がわからないし楽器のコントロールもままならない状態でとにかくCDで聴き覚えた通りのルバートをする、リタルダントやアッチェレランドをむやみに多用してねばりなんとか歌ってる感を出そうとする。

そんな演奏では楽しいどころかコンプレックスを隠すことで頭がいっぱいになってしまいませんか?

自信を持って演奏できて心の底から音楽を楽しいと思えるようになるためには、上っ面だけ整えてもダメですね。

あなたは音楽を本当に楽しんでいますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド