アレクサンダー・テクニーク 身体の仕組み

マッサージで解決するよりも

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

演奏をしている人はマッサージに通ってるという話をよく聞きます。

楽器演奏は不自然な姿勢だからどこか痛くなったらマッサージにいくのは仕方のないことだ。

そんな風に話していることも多いんですね。

でも。

このブログを読んでる方はそれは仕方のないことだなんて思いませんよね。

痛くなってから悪くなってから治療するというのは対症療法的です。

出ている症状に対処するのは必要なことではありますが、根本的になぜ痛くなるのか?痛くならないためにはどうしたらいいのか?そんなことを考える方が建設的かもしれません。

とはいえ普段の生活ではどこか具合が悪くならなければ健康のありがたみは感じることは少なくなりがちです。

どこもなんともない時に病院に行かないのと同じで別段痛くもなく上手くいってるのに奏法を見直そうなんて普通は思いませんよね。

それなら。

痛くなったり疲れやすいなと感じたときは奏法や身体の使い方を見直すチャンスなのではないでしょうか。

マッサージや投薬で一時的に症状を抑えてみたって根本原因を解決しなければ繰り返すのは当然ですよね。

わたしが趣味で勉強している漢方も病気になる前にちょっとした違和感があったり不調が出てきそう、という「未病」の段階で栄養や生活リズムのバランスを取り戻すことを大切にしています。

そういう点で、怪我やトラブルに繋がる前に身体や心の仕組みに沿って無理のない動き方をするためのアレクサンダー・テクニークとも共通する考え方だなと思います。

病気や怪我でないのに演奏していて痛みが出るのはしばらくマッサージに行ってないからではなく、負荷のかかる身体の使い方をしているからです。

そしてそれは続けたら深刻な怪我やトラブルに繋がる可能性があるのを教えてくれているのですね。

マッサージに行ってスッキリしてまた同じ奏法をするのではなく一旦立ち止まって見直してみる方がこれからずっと演奏を続けていく助けになるかもしれませんよ。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド