楽器練習効率化ガイドブック

レッスンで指摘されたことや
合奏中に気付いたことなど、
何か改善したいなと思った
その瞬間に動作をしようと
反応していませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

思ったことは即座に行動に移す
それって大切なことでは
ありますよね。

そして音や吹き心地やその他にも
何かを変えたいと思ったら、
やってる行動それ自体ではなく
行動を引き起こしている思考から
変えなければならないことは
とても多いです。

例えばブレスのときには
役に立たない筋肉で力んでいたら
「力みをやめよう」
と思っても効果が出にくいんです。

なぜかと言うと、
力んでいるのは適切な筋肉が
働いていないことの代わりだったり
自分が頑張ってるのを筋感覚的に
感じたいという望みだったり、
何かしらそれをすることが必要だと
思っている理由があるから。

その根本的な原因になっている
理由を解決しないで
目に見える問題の力みだけ
やめようとしたって
大抵うまくいかないし、
たとえそれをやめられても
原因が解決せずそのままなら
別の問題が出て来ます。

改善したいことがあるなら
反射的になにかするよりも
一瞬の間をとって
原因や解決方法を考えて、
上手くいっていない
現在の習慣的なやり方ではなく
「これをこの手順で」
という動作のプランを新しく
作るための時間を取るのは
結局近道になるんですよ。

奏法を変えようとする時など
ぜひやってみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。