楽器練習効率化ガイドブック

何だか肩や腕が疲れる、
吹き込むのが窮屈な感じがする
そんなとき原因はどんなことが
考えられるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

もちろん動き方は人それぞれなので
誰にでも当てはまる絶対コレ、
という答えはありません。

そんな中でもレッスンをしていると
割りと多く見られるのが
楽器を構えるタイミングで
自分に引き寄せ近づけていくとき、
腕や肩を曲げるのではなくて
引き込んでいる動きをしている
というパターン。

それだけ聞いても「なんのこと?」
という感じですよね。

これ、関節は縮まるものでなく
曲げられるものだということ
なんです。

動きとしてはほんの些細な
違いなんですが、
関わる筋肉の働きが全然違うので
音の質や疲れやすさや吹き心地には
とっても影響するんですね。

「曲がる部分を曲げて楽器を
 自分に近づける」
なんて思いながら楽器を構えると
縮こまったり関節を圧迫しないので
吹き続けたときに肩こりや腕の痛み
などが出てきにくい、
ということがあるんです。

もちろんこういう自分にかける
言葉のバリエーションは千差万別、
実際にやってることや
それを引き起こす意図を
どんな風に持ってるかによっても
変わってきますから
一概には言えませんが、
ヒントになることがあれば
試してみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。