アレクサンダー・テクニーク レッスン 身体の仕組み

吹き心地が窮屈なときやってること

Pocket

何だか肩や腕が疲れる、吹き込むのが窮屈な感じがするそんなとき原因はどんなことが考えられるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

もちろん動き方は人それぞれなので誰にでも当てはまる絶対コレ、という答えはありません。

そんな中でもレッスンをしていると割りと多く見られるのが楽器を構えるタイミングで自分に引き寄せ近づけていくとき、腕や肩を曲げるのではなくて引き込んでいる動きをしているというパターン。

それだけ聞いても「なんのこと?」という感じですよね。

これ、関節は縮まるものでなく曲げられるものだということなのです。

動きとしてはほんの些細な違いなんですが、関わる筋肉の働きが全然違うので音の質や疲れやすさや吹き心地にはとっても影響するんですね。

「曲がる部分を曲げて楽器を自分に近づける」なんて思いながら楽器を構えると縮こまったり関節を圧迫しないので吹き続けたときに肩こりや腕の痛みなどが出てきにくい、ということがあるんです。

もちろんこういう自分にかける言葉のバリエーションは千差万別、実際にやってることやそれを引き起こす意図をどんな風に持ってるかによっても変わってきますから一概には言えませんが、ヒントになることがあれば試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド