楽器練習効率化ガイドブック

「今日は音楽に馴染みのない
お客さんが多いから
知ってそうな曲を取り上げよう」

そんなときってありますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

相手の目線で聴きやすいものを
選ぶというのは大切ですよね。

そして、
せっかく生の演奏を聴くなら
知ってるものだけでなく
新しいものの魅力も知って
もらえたらいいと思いませんか?

自分を振り返ってみると
専門外のことだったけれど
良さとか触れ方をわかりやすく
教えてもらえたら
意外に楽しくてハマってしまった、
そんな経験ってないでしょうか。

料理人が使ってる秘密の裏ワザとか
旅慣れたフライトアテンダントの
荷造り法とか、
興味は別になかったことでも
テレビでやっていたら面白く
見ちゃったりしますよね。

そんな風に自分の専門外のことでも
知ってみたら結構面白かったり
試してみよう!と思うことって
意外にあるものです。

それと同じことで
耳を傾けてもらえているなら
簡単に聴きどころや解説を
つけてもらえたら新しい曲も
不安なく聴けちゃうので
ポピュラーな曲を交えた
プログラムの組める機会は
知らなかった曲を紹介するには
ぴったりな場面かもしれません。

さっきのあなたが知ってる曲とは
こんなところが違うけれど
そこが魅力なんですよ、
ここに注意して聴いてみると
面白いんですよ、
わたしはこの曲のここが
好きなんです、
そんな風に紹介してもらえたら
知らない曲だって結構楽しく
聴けちゃうものです。

ただ知ってるものや
ウケやすいものだけだと安心感は
あっても新しいものに触れる
ワクワク感はありませんね。

知ってるものを聴くのも楽しい
けれどせっかくなので
「音楽っておもしろいな、
 もっと知りたいな」
そんな気持ちで帰ってもらえたら、
ただの自己満足ではなく
演奏した意味があるような気が
しないでしょうか。

演奏するなら聴いてくれる人が
元気になったりワクワクを
持って帰って貰える方法も
考えて行きたいですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。