楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

奥様とお二人で演奏されてる
クラリネット吹きさん、
ブレスが思ったところまで
続かなかったり安定しなかったりで
悩みアレクサンダー・テクニークの
レッスンを受けてみよう!
ということでご夫婦でレッスンに
いらっしゃいました。

音楽がクラリネット演奏が
すごく好きで大切だからこそ、
うまくいかないことが
ストレスになって動きに影響し、
さらにそれがまたストレスに・・
なんて悪循環になってしまう前に
気になることは1つずつ解決して
前に進んでいきたいですよね。

まずはお悩み解決のための一歩を
踏み出したクラ吹きさんの
ご感想を紹介いたします。

▼ここから▼

●レッスン前のお悩みは
 どんなことでしたか?

ブレスが上手に行えなえず、
息のコントロールも出来ずに
音が震えたり息が足りなく
なってしまう。

また、ソロなどを吹く時に
合奏や本番になると緊張して
練習の成果が出ないこと。

●どんなことを学びましたか?

無意識にしていた動作を
意識的に動かすことの
大切さを学びました。

また、
基本的に何が足りないのか
日々、どの様なを練習をしていけば
良いのか考えるヒントに
なりました。

●有吉尚子ってこんな人でした。

とても丁寧にわかり易く具体的に
説明して下さいました。

美人でとても素敵な方でした。

●このレッスンはどんな人に
 オススメですか?

練習の成果を本番の演奏に
発揮するためのヒントを
探している方にオススメだと
感じました。

●これからレッスンを受ける方に一言!

お互い頑張りましょう!

千葉県習志野市 自営業
習志野のクラ吹きさん 50代
楽器:クラリネット

▲ここまで▲

無意識にやってることって
昔は必要だったり何かしら
それをすることで上手くいくことが
あったから採用している
動作や思考なんですね。

そして例えばアンブシュアが
ゆるゆるの人が先生から
「もっと絞めて」
と言われその通りにしたら
吹きやすくなったからって
一生「もっと強く口を絞める」
なんて思ってたらしまいには
息の通り道が詰まって音は
出なくなってしまいます。

そんな風に状況が変わった後でも
無意識でやってることって
気づかずに続けてしまうんですね。

そんな場合はまずは自分が無意識に
何をしてるのかを知るのは
とても役に立ちます。

思わぬいらないことを
ついついセットでやっていたり、
必要なことをしていなかったり
なんてことに気がついたら
それを続けるかやめるかの選択も
できるんですから。

やってることを知るのが
お悩み解決の第一歩ですね。

これから続けていくうちに
やりたいこととそのための手段を
はっきりさせつつ、
快適に演奏できるように
なっていただけたら嬉しいです。

習志野のクラ吹きさん、
どうもありがとうございました。

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/page-1709/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。