アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 練習

ゆっくり練習の仕方

有吉尚子です。こんにちは!

初めての曲を見る時、
ゆっくりから練習するのは
みなさん普通に
やっていることだと思います。

では。

ゆっくりからやるときの目的
どんなことなんでしょうか。

・指を慣らすため
・楽譜に慣れるため
・ブレスやアンブシュアの
コントロールに慣れるため

こんなことがあるでしょうか。

ではこの中のひとつひとつ、
どれくらいの精度で慣れていこうと
思っていますか?

指が迷いながらも何とか一回
目的の運指になったら
それでもう慣れたということに
していませんか?

音がドかレかミかわかったら
楽譜はOK!なんてことにして
いないでしょうか。

それではゆっくりやる意味が
あまりないかもしれませんよ。

指の動きに注目するなら
どの音からどの音に行く時に
滑りやすいのか引っかかるのか、
それがわかったら具体的に
何の指が遅いのか速すぎるのか、
それを知って改善するために
ゆっくりやってるわけですよね。

楽譜に慣れることだって、
ドレミと順番に音が並んでるのか
ドミソと離れた音に進んでるのかで
装飾的な飾りの音形なのか
和音を感じさせたいのかなど意味が
変わるし吹き方も変わります。

ただ書いてある音を知るだけでなく
何の音がどういう意味で
そこに書いてあるのか考えて
それに沿った吹き方を見つけるのが
楽譜に慣れるということですよね。

そんなことは初見でスピードが
速かったら追いつけないから
ゆっくりやるわけです。

そういう観察や分析をしながらだと
ゆっくりテンポでも結構脳内は
忙しいんですよね。

そして繰り返すうちに脳の
情報処理速度が上がってくるから
テンポが上げられるわけです。

ゆっくりだからって
ボンヤリ吹いていては
全然意味のある練習になりません。

何のために何をするのか
考えながらする練習は
短時間で上手くなるために
一番の近道になるんですよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド