アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 練習

ゆっくり練習の仕方

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

初めての曲を見る時、ゆっくりから練習するのはみなさん普通にやっていることだと思います。

では。

ゆっくりからやるときの目的はどんなことなんでしょうか。

・指を慣らすため

・楽譜に慣れるため

・ブレスやアンブシュアのコントロールに慣れるため

こんなことがあるでしょうか。

ではこの中のひとつひとつ、どれくらいの精度で慣れていこうと思っていますか?

指が迷いながらも何とか一回目的の運指になったらそれでもう慣れたということにしていませんか?

音がドかレかミかわかったら楽譜はOK!なんてことにしていないでしょうか。

それではゆっくりやる意味があまりないかもしれませんよ。

指の動きに注目するならどの音からどの音に行く時に滑りやすいのか引っかかるのか、それがわかったら具体的に何の指が遅いのか速すぎるのか、それを知って改善するためにゆっくりやってるわけですよね。

楽譜に慣れることだって、ドレミと順番に音が並んでるのかドミソと離れた音に進んでるのかで装飾的な飾りの音形なのか和音を感じさせたいのかなど意味が変わるし吹き方も変わります。

ただ書いてある音を知るだけでなく何の音がどういう意味でそこに書いてあるのか考えてそれに沿った吹き方を見つけるのが楽譜に慣れるということですよね。

そんなことは初見でスピードが速かったら追いつけないからゆっくりやるわけです。

そういう観察や分析をしながらだとゆっくりテンポでも結構脳内は忙しいんですよね。

そして繰り返すうちに脳の情報処理速度が上がってくるからテンポが上げられるわけです。

ゆっくりだからってボンヤリ吹いていては全然意味のある練習になりません。

何のために何をするのか考えながらする練習は短時間で上手くなるために一番の近道になるんですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド