楽器練習効率化ガイドブック

楽譜を読む方法について、
自分でやれる練習方法は
なにかあるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

仕事として演奏したり教えたり
するのであれば楽典や和声学、
楽曲分析法を勉強するのが
一番の近道です。

そのための勉強方法は
本がすでにたくさん出ていますし、
プロ向けのレッスンや勉強会も
すでに世の中にたくさんあります。

とはいっても趣味で音楽を
している方にはなかなか
取っつきにくいかもしれませんね。

そんな場合は曲の中で出てくる
フレーズを見比べてみるのが
面白いですよ。

似たフレーズでもいいし、
全然似てない違った2つのフレーズ
でもいいでしょう。

どこがどんな風に違うのかを
言葉にしてみます。

・音量は
・音形の細かさは
・跳躍してる具合はどう違うか
・転調があるかどうか
・シャープ系かフラット系か
・明るいか暗いか
・重いか軽いか
・エネルギーが増えていくのか
減っていくのか

頭の中だけで考えるのではなく
いちいち言葉にしてみましょう。

拍子や表情記号なんて
一目見ればすぐわかりますが、
そういう表面にあることだけでなく
よくよくフレーズを比べてみると
どんなところか特徴的なのか
作曲家が主張したかった部分なのか
なんてことが見えてきたりします。

雰囲気やカラーの違いが
何となくわかったら
今度はどの音がどうなってるから
その違いを感じるのかを
言葉にしていってみましょう。

「隣り合った音から離れた音に
進んでるからエネルギーを
感じる」
など具体的に言葉にするのが
ポイントです。

こうやって見るのをたくさんやると
だんだんどこに着目したらいいか
わかるようになってきます。

レッスンや本ではなく
自分で勉強したいという方は
ぜひやってみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。