アナリーゼ 音楽理論

アナリーゼの練習法

Pocket

楽譜を読む方法について、自分でやれる練習方法はなにかあるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

仕事として演奏したり教えたりするのであれば楽典や和声学、楽曲分析法を勉強するのが一番の近道です。

そのための勉強方法は本がすでにたくさん出ていますし、プロ向けのレッスンや勉強会もすでに世の中にたくさんあります。

とはいっても趣味で音楽をしている方にはなかなか取っつきにくいかもしれませんね。

そんな場合は曲の中で出てくるフレーズを見比べてみるのが面白いですよ。

似たフレーズでもいいし、全然似てない違った2つのフレーズでもいいでしょう。

どこがどんな風に違うのかを言葉にしてみます。

・音量は

・音形の細かさは

・跳躍してる具合はどう違うか

・転調があるかどうか

・シャープ系かフラット系か

・明るいか暗いか

・重いか軽いか

・エネルギーが増えていくのか減っていくのか

頭の中だけで考えるのではなくいちいち言葉にしてみましょう。

拍子や表情記号なんて一目見ればすぐわかりますが、そういう表面にあることだけでなくよくよくフレーズを比べてみるとどんなところか特徴的なのか作曲家が主張したかった部分なのかなんてことが見えてきたりします。

雰囲気やカラーの違いが何となくわかったら今度はどの音がどうなってるからその違いを感じるのかを言葉にしていってみましょう。

「隣り合った音から離れた音に進んでるからエネルギーを感じる」など具体的に言葉にするのがポイントです。

こうやって見るのをたくさんやるとだんだんどこに着目したらいいかわかるようになってきます。

レッスンや本ではなく自分で勉強したいという方はぜひやってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド