アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

長短完全音程の簡単な見分け方

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んで見ましょう!
のシリーズ、今回はp.81からの
「幹音どうしの2音によって
 できる音程」
の項目から見ていきます。

p.75からの「音程」の項目でも
ちょっとだけ出てきていますね。

その度数の数え方をもう少し詳しく
解説しているのがこの項目です。

各度数によって出来る音程には
完全系と長短系があるなんてことも
含めてシャープやフラットが
付かない音程について
まとめられています。

これは何の音と何の音が完全・長短
何度の関係か書いてありますが、
必要ならその都度数えればいいので
覚えなくて大丈夫です。

ただ単に各度数では完全と長短の
どちらの系統なのかだけ知ってれば
OKです。

そしてさらに単純に考えて
1度・4度・5度・8度が完全系で
それ以外は長短系と覚えれば
簡単ですね。

そしてさらに長短・完全・増減を
簡単に見分ける方法があります。

3度までは全部が全音なら長音程、
4度以上は半音が1つ入っていたら
長音程または完全音程です。

4度以上で半音が2つ入っていたら
短音程または減音程です。

そして4度以上で半音が1つも
入っていなかったら増音程です。

3度以下で半音が入っていたら、
短音程ですね。

後は1度と8度。

これは同じ音やオクターブなら
完全音程、
それより半音広ければ増音程、
半音狭ければ(8度の場合のみ)
減音程となります。

書き出してみるとたくさんみたいな
気もしますが、
この法則を知っておいてp.81からの
項目を読んでみましょう。

読んだらp.83の問題2、問題3を
やってしまいましょう!

きっとよりわかりやすく
なっていると思います。

そしてこの記事だけ読んで
「わかったわかった」
なんて思わずにちゃんと楽典の本を
読んでみるのは大切ですよ。

ぜひこの記事を参考に楽典を
読んでみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド