アレクサンダー・テクニーク 身体の仕組み

動いた方が良いのかどうか問題

音を良くしたり怪我なく無理なく
演奏するためには
身体は動けるようになっている方が
いい場合がほとんどです。

かといって自分がリーダー
ではない場面で大きな動きをしては
ジャマになってしまうことも。

有吉尚子です。こんにちは!

動いた方がいいとか
反対に動かない方がいいとか、
迷ってしまいますね。

この合図にためにするような
目に見えやすい大きな動きと
音質を良くしたり楽器を操作する
ために無理のない動きって
実はちょっと種類が違っていて、
見た目とは逆の効果を引き起こす
ということもあるんです。

というのは、
大きな動きをするためには
小さな関節や筋肉の微細な動きが
起きにくいように身体を固定して
しまってるということもあるから。

必ずいつでも誰でもそうなってる
というわけではなく、
一見して誰でもわかる大きな動きと
振動を活かす微細な関節や筋肉の
小さな動きが両立してる場合も
もちろんあります。

とはいえ、
たくさんの大きな動きをしていて
音質が固くなってしまっていたり
高音が鋭くなってしまう、
という時は動く時に身体が不安定に
グラグラしないために無意識に
固めてしまっている可能性も
あるんですね。

何事も一面的にこう!と断定
出来るようなことって
世の中には少ないですが、
「演奏中に動いた方が良いのか
 そうではないのか問題」
についてはこんな風にお答え
することが多いです。

参考になることがあれば幸いです。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド