アレクサンダー・テクニーク 合奏・アンサンブル 思考と心 身体の仕組み

動きすぎとよく言われる方へ

Pocket

先生や仲間から「動きすぎ」なんて言われてしまうけどその加減がよくわからない、ということはないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

せーの!で何人かで同時に音を出すときにコンサートマスターやパートのリーダーはアインザッツを出しますね。

誰かがちゃんとリードしているとアンサンブルは合わせやすいです。

ではその合図ってどんな要素で成り立っているのでしょうか。

「せーの」というタイミングで息を吸っていたり楽器や身体を動かしていたりしますね。

これって音を出すための予備動作であることが多いです。

それでは、このときにリーダーでない人はどうしたら良いんでしょう。

一緒に動いたほうが良いのでしょうか。

それとも動かないで待っていた方がいいのでしょうか。

これといった結論のあることではありませんが、普通に考えて合図を出さなくても音は出せますよね。

リーダーの出す合図に合わせて発音できれば良いのですから、大きな動作で反応する必要はないと思います。

呼吸をしていたり音を出すための準備動作で反応していることは充分伝わりますからね。

逆に何人かでアンサンブルをしている場面では大きな動作で反応する人がいるとアインザッツを出してる人が誰なのか混乱したりすることもあるんです。

動いているものは人の注意を引きやすいですから。

自然に身体が動いてしまう、なんて言い方をする場面も中にはありますが何の意図も無しに勝手に動くというのは楽器演奏以前に痙攣や痛みの反射など何かの症状な可能性があるので心配でもありますね。

つまり演奏のときには演奏のために意図したことを自分で行っている状態なんですね。

だから自分でコントロールできることは多いのです。

「動きすぎ」なんて言われてしまいがちな方はこの場面では合図や発音にどれくらいの動きが必要なのかなんてことを改めて考えてみると良いのかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド