楽器練習効率化ガイドブック

まだ音がイメージ出来ない段階で
新しい曲を譜読みするとき、
どんな風に楽譜を把握
しようとしていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

自分の専門楽器でパート譜だけ
鳴らしてみるというのでは、
曲全体を把握するには
用が足りませんね。

何かで楽譜にある音を鳴らして
聴いてみたいと思った時、
CDやYouTubeなど誰かが演奏した
音源を探してみることもあるかも
しれません。

しかし。

自分の表現や解釈の参考にする
という意味なら誰かの演奏を
聴くというのはとても有意義ですが
自分がどう感じるかどうやりたいか
ということが全く無い段階では、
聴いた演奏の抑揚や印象が
強く残ってしまってそちらに
向かって方向付けられてしまう
という面もあるんですね。

もちろん影響を受けたいために聴く
という場面でならうってつけです。

でも、
本当は自分で楽譜を読んで
解釈したいようなことが
たまたま聴いた他人の演奏の印象に
左右されてしまうとしたら、
ちょっと考えてしまいませんか?

それを聴かなかったら自分でもっと
違う風に演奏したかもしれない、
そんなことが気づかないうちに
起きているかもしれません。

それに世の中にはすでに誰かが
演奏したってわけじゃなく、
自分が新しい曲を初演するような
機会だってあるんですから、
誰かの演奏を参考にしないと
音楽が作れないんじゃ
窮屈ですよね。

誰かの演奏を聴くのは
目的によっては大切なことですが、
まずは自分で感じてみて考えてみる
それも音楽を楽しむ上で
大切なことのひとつだと思います。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。