アレクサンダー・テクニーク 身体の仕組み

全部の息を吐けますか?

ブレスの前には息を全部
吐ききってから吸う、
そんな風に教わったことって
ありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

確かに人間の呼吸システムは
生きるために吐いたら吸うように
無意識でも働いてくれています。

それに息が余ってる状態で
さらに吸うのは苦しいですから
長いフレーズのためにたくさん
ブレスを取りたければまずは吐く、
これは正しい意図と言えると
思います。

しかし。

肺の中の空気って全部を吐き出す
というのは実はできないんです。

残気量というのがあって、
息を吐き出した後に残ってる空気は
成人でだいたい1.5リットルくらい
あるんだそう。

そしてあまりにもギリギリまで
絞り出すように吐いた後は
吹くための筋肉がかなり使われて
力んでしまっているので
それを解除するのも含めて、
ブレスに時間がかかりますよね。

極限まで息を吐き出すというのは
素早いブレスやたくさん吸うのには
身体の構造としてあんまり得策とは
言えない面もあるんです。

第一苦しいので音も理想的な
コントロールのある状態では
出せなくなってしまいますから、
そんなに絞り出すよりは前に
フレーズの切れ目で吸えるよう
工夫をするほうが建設的
かもしれません。

わたしも以前は肺の中の空気を
全部吐き出すことは身体の構造上
できないことなんだとは
知りませんでしたが、
覚えておきたいことのひとつだと
思っています。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド