アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

完全音程と長短音程の聴こえ方の違い

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.77の
「音程における完全・長・短等の
種類」というところから
みていきましょう。

進むに連れてだんだん複雑な内容に
なってきますが、知っておくと
楽譜が見やすくなったり
アンサンブルが合わせやすくなる
音楽の基礎的なことなので
ついてきてくださいね!

まず最初に完全音程と長短音程
について解説されていますね。

何度が完全か長短かというのは
本文で解説されてるので
それを読んでくださいね。

この完全音程と長短音程は
実際の音楽の中で
何が違うのかというと、
完全音程の方が長短音程よりも
ハーモニーとして合ったときの
ぴったり感というか透き通り感が
強いんです。

より濁りのないクリアな
ハーモニーに聴こえるのが
完全系の音程です。

逆に完全4度、5度、8度に比べて
少し濁りが感じられて
色彩感が出やすいのが長短の音程。

ウソだと思ったらピアノか
なければピアノアプリで試しに
音を出してみましょう。

完全8度であるオクターブ違いの
2つのドの音の組み合わせを
鳴らしたときに聴こえる雰囲気は
透き通っていますよね。

そして長3度であるドとミの
組み合わせでは、さっきよりも
透き通り感は少ないけれど
明るい音がしませんか?

試しに短3度であるドとミ♭も
鳴らしてみましょう。

こちらも完全音程に比べたら
透き通っていませんが、
少しだけ切なげな色合いを
感じますね。

これが完全系の音程と
長短系の音程の違いです。

では増音程であるドとソ♯を
鳴らしてみましょう。

どんな印象ですか?

美しく透き通ってると思った方は
いないはずです。

増音程とか減音程は
ここではひとまずとても濁ってる音
と思っておけばOK。

こんな風に音程の仕組みが
わかってると楽譜を見ただけで
どんな雰囲気のハーモニーなのか
旋律の進み方なのかがわかります。

楽典って役に立たないお勉強
なんかじゃ全くないですよね。

それがわかったところで本に戻り、
1.4.5.8度が完全音程、
2,3,6,7度が長短音程
というところは
まず最初に覚えてしまいましょう。

これは音楽をやる上で
絶対に知っておきたいことなので、
この機会はチャンスですから
ぜひ慣れてしまいましょうね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド