楽器練習効率化ガイドブック

音色のコントロールのために
できることって何がありますか?
というご質問をいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしがクラリネットを吹いていて
思うところで回答すると、
音に変化を付けるために
自分で変えることのできる要素は

・吹き込む息の量
・息のスピード
・発音(アタック)の鋭さ、やわらかさ

意外と少ないですが、
これくらいでしょうか。

口の中を広くとか狭くなどは
息の量やスピードを変えるための
操作なのでここに含まれますね。

優しく小さく柔らかい音に
したければ息の量は少なく、
スピードはゆっくり、
アタックはソフトにしますよね。

Con fuocoな感じにしたければ、
息の量は多く、スピードは速く、
アタックは鋭くなります。

ピンと張り詰めた雰囲気に
したければ、息の量は少なく、
スピードは速くしますよね。

ふくよかな感じがほしければ、
息の量は多く、
スピードはゆっくりとか。

どんな表情も突き詰めると、
この息の量とスピード、
アタックの鋭さ度合いの
グラデーションで出すのかなと
今のところ思っています。

長い音で大きく柔らかいところから
細く鋭い音への変化とか、
逆に大きくて激しいところから
柔らかいところへの変化も、
そのグラデーションの中で
度合いを変えていくと
できるような気がします。

自分がそういう気分になるかどうか
というのは出てくる音には
あんまり関係ないんですね。

音色を変えるために
どういうコントロールをするか
はっきり思い浮かべて吹いてみて
それでどんな効果があるかを
チェックしてみると
だんだんわかってくるというもの
でもあるかもしれませんね。

気になったらぜひ試してみて
くださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。