アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 練習

音色の変え方

Pocket

音色のコントロールのためにできることって何がありますか?というご質問をいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしがクラリネットを吹いていて思うところで回答すると、音に変化を付けるために自分で変えることのできる要素は

・吹き込む息の量

・息のスピード

・発音(アタック)の鋭さ、やわらかさ

意外と少ないですが、これくらいでしょうか。

口の中を広くとか狭くなどは息の量やスピードを変えるための操作なのでここに含まれますね。

優しく小さく柔らかい音にしたければ息の量は少なく、スピードはゆっくり、アタックはソフトにしますよね。

Con fuocoな感じにしたければ、息の量は多く、スピードは速く、アタックは鋭くなります。

ピンと張り詰めた雰囲気にしたければ、息の量は少なく、スピードは速くしますよね。

ふくよかな感じがほしければ、息の量は多く、スピードはゆっくりとか。

どんな表情も突き詰めると、この息の量とスピード、アタックの鋭さ度合いのグラデーションで出すのかなと今のところ思っています。

長い音で大きく柔らかいところから細く鋭い音への変化とか、逆に大きくて激しいところから柔らかいところへの変化も、そのグラデーションの中で度合いを変えていくとできるような気がします。

自分がそういう気分になるかどうかというのは出てくる音にはあんまり関係ないんですね。

音色を変えるためにどういうコントロールをするかはっきり思い浮かべて吹いてみてそれでどんな効果があるかをチェックしてみるとだんだんわかってくるというものでもあるかもしれませんね。

気になったらぜひ試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド