アレクサンダー・テクニーク レッスン 個人レッスンのご感想 生徒さんの声 練習 身体の仕組み

いつもの痛みが出ませんでした

レッスンにいらっしゃる方は
ソルフェージュやアナリーゼ、
アレクサンダー・テクニークが
初めても方もたくさんですが、
音大出身の方も意外に多く、
毎回お役に立てるのか・・?
なんて思いながら進めています。

今回もクラリネットで音大を
出られた奏者さんがいらして、
ご感想をくださってます。

相談してみようと思って
いただけるのはありがたいですね。

せっかくなのでご紹介いたします。

↓↓↓ここから↓↓↓

●レッスン前のお悩みは?

ピアノを元々やっていたせいか、
キーを叩くように動かす癖
が学生の頃からあり、
年齢を重ねたことによって、
練習後に指の痛みを覚えるように
なってしまった。

勿論、速く動かすこともできず、
さらっても一定のテンポで壁を
越えられず本番を迎えてしまい、
出来なかった→ダメだなぁ→凹む
の繰返し。

比較的高い音をppで延々と吹く
フレーズでブレスが間に合わない。

ブレスしても出が遅れたり
(発音時に噛むので)
吸いすぎて苦しくなってしまって
ヘロヘロになる。

座骨で座るの意味が理解出来ない。
これでいいのかな?と思う座り方
だと息が吸いづらい。

本番、緊張のピークを
超えてしまうと左手が震えだして
思うように動かせなくなる。

●解決した、解決出来そうなことは
ありましたか?

これらの悩みをすべて1つ1つ
現状を見ていただき、
丁寧に解決方法を教えて
いただくことができました。

ものすごく細かい
ショートステップを越える作業は
気が遠くなりそうですが、
吹いていて明らかに
楽になりましたし、
音の響きも違うのがわかりました。

指の痛みも吹いた翌日には
感じていたのですが、
今日はありません。

やったー!って感じです。

文章を読んだだけでは
わからなかったことがレッスンを
受けて全部解消されました。

●有吉尚子ってこんな人でした。

お話ししていて、
声や話し方が卓球の福原愛さんに
似ているなぁと思いました。

あと理論的に話されるのが、
大学時代の友人に似ていました(^^;

私の楽器は30年以上前に買った
古いR-13なのですが、
せっかくの機会だからと思い、
吹いていただいたところ、
私のレッスンの先生とは
また違う音を聴かせて
いただくことができ、
感激しました。

●このレッスンはどんな人に
オススメですか?

普段、レッスンを受けている人でも
違う面から身体の動きを
みていただくことができます。

いろいろやってはいるけれど、
うまくいかないなーと思うことが
ある人に是非オススメしたいです。

●その後の状況変化について

レッスンを受けた翌月から
整体へ通い始めたこともあり、
指の痛みは
すっかりなくなりました。

緊張する場面になると
相変わらず力が入ってしまいますが
気づくことが出来るように
なったので気をつけています。

一定のテンポからup出来ない問題
については成功体験を積むことが
出来ていると思います。

本番で指が回った時は
とても嬉しかったですねー。

ブレスに関しては焦って
吸わなくてもよくなったことで
間に合うようになりましたし、
座骨で座ることに関しては
完全に身につきました。

今年の夏はたくさんの本番を縫って
高校生の指導もしていたのですが、
有吉さんに教わったこと
全てが役に立ちました。

また東京へ行く機会がありましたら
ぜひみていただきたいと
思っています。

名古屋 パート
ノームさん 50代
クラリネット

↑↑↑ここまで↑↑↑

若い頃には
力ずくで何とかなっていても、
年齢を重ねるとそうもいかない
ということは出てくるんですよね。

今回は色んなお悩みも結局は
動きが目的のことに
適してるかどうか
見直す
ということが大きなポイント
だったようですね。

これからも長く健康に楽しく演奏を
続けていったいただけたら
嬉しいです。

ノームさん、
どうもありがとうございました。

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/page-1709/

メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 個人レッスンのご感想, 生徒さんの声, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド