アレクサンダー・テクニーク 練習

練習を自分で組み立てるには

Pocket

「どんな練習をしたらいいですか」なんて質問を生徒さんからよくいただきます。

有吉尚子です。こんにちは!

個別のケースを現場で実際に聴いたり見たりしてる場合は細かい練習のメニューまでご提案するのですが、これがもしも生徒さんが自分で考えて組み立てられたらすごく良いだろうなといつも思うわけなんです。

レッスンを受けてそのときに適した練習方法がわかっても、やっていくうちに習熟度も必要な練習内容もどんどん変わるものですから少ししたら違う練習が必要になってくるんですよね。

それを更新するためにレッスンに通えるのなら問題ないでしょうが、遠方からだったり本番前だけのレッスンで年に1、2回しか受けられないとなると自分は進化してるのに練習方法はずっと更新されない、なんてことになってしまいますもんね。

自分にとってどんな練習が必要か、その時々で組み立てるにはどんなことが必要なんでしょうか。

まず必須なのは何が出来るようになりたいかという望みを持つこと。

どんどん進んで行くにつれて自分では思いもしなかったことがしたくなることもあるでしょうが、見える場所にあるもので出来るようになりたいことは何なのかわかってるのは強味になると思います。

次はそこに向かっていく手段を見つけられること。

これがネックですね。

手段はそれ自体を知ってるか、手段を知る方法を知ってるかというのが大きいでしょう。

たくさん演奏を経験しているプロ奏者が自分の練習の仕方や生徒さんのレッスンの進め方がわかるのは目標にたどり着く道筋を知っているか、その道筋の探し方を知ってるからなんですね。

さらにこれが上手くいかないならこのアイデアを試そう、という引き出しの数も大切な要素です。

それにこんな場合にはこの練習をするとどんな効果があるか、というのを経験的に知ってると他の場合にも応用したり組み合わせたりひっくり返したりで考えられたりします。

そう思うとただ練習方法を教えてもらうだけではなく自分で練習をよりうまくいくようアレンジしてみたり、自分にとって何が上手く行って何が上手く働かない練習なのか記録しておくというのも役に経つかもしれませんね。

もしかしたら日々の練習はただテクニックを身につけるということだけでなく、アイデアのストックをしたりどれくらいうまくいくか試したりという実験を兼ねるとやればやるほど上手くなるしデータも増えて行くので「何をしたらいいかわからない」というようなタイプの練習ストレスは軽くなっていくという面もあるのかもしれません。

それが自分で練習を組み立てられるようになるためのひとつのヒントなのではないでしょうか。

ついつい自分にとって流行ってる習ったばかりや仕入れたばかりのマイブームな練習に偏ってしまいがちな方にはメモ書きでも記録するのはオススメのアイデアかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド