アレクサンダー・テクニーク 練習

練習を自分で組み立てるには

「どんな練習をしたらいいですか」
なんて質問を生徒さんから
よくいただきます。

有吉尚子です。こんにちは!

個別のケースを現場で実際に
聴いたり見たりしてる場合は
細かい練習のメニューまで
ご提案するのですが、
これがもしも生徒さんが
自分で考えて組み立てられたら
すごく良いだろうな
いつも思うわけなんです。

レッスンを受けてそのときに
適した練習方法がわかっても、
やっていくうちに習熟度も
必要な練習内容も
どんどん変わるものですから
少ししたら違う練習が
必要になってくるんですよね。

それを更新するためにレッスンに
通えるのなら問題ないでしょうが、
遠方からだったり本番前だけの
レッスンで年に1、2回しか
受けられないとなると
自分は進化してるのに
練習方法はずっと更新されない、
なんてことになって
しまいますもんね。

自分にとってどんな練習が必要か、
その時々で組み立てるには
どんなことが必要なんでしょうか。

まず必須なのは何が出来るように
なりたいかという望みを持つこと。

どんどん進んで行くにつれて
自分では思いもしなかったことが
したくなることもあるでしょうが、
見える場所にあるもので
出来るようになりたいことは
何なのかわかってるのは
強味になると思います。

次はそこに向かっていく手段を
見つけられること。

これがネックですね。

手段はそれ自体を知ってるか、
手段を知る方法を知ってるか
というのが大きいでしょう。

たくさん演奏を経験している
プロ奏者が自分の練習の仕方や
生徒さんのレッスンの進め方が
わかるのは目標にたどり着く
道筋を知っているか、
その道筋の探し方を知ってるから
なんですね。

さらにこれが上手くいかないなら
このアイデアを試そう、
という引き出しの数
大切な要素です。

それにこんな場合にはこの練習を
するとどんな効果があるか、
というのを経験的に知ってると
他の場合にも応用したり
組み合わせたりひっくり返したりで
考えられたりします。

そう思うとただ練習方法を
教えてもらうだけではなく
自分で練習をよりうまくいくよう
アレンジしてみたり、
自分にとって何が上手く行って
何が上手く働かない練習なのか
記録しておくというのも
役に経つかもしれませんね。

もしかしたら日々の練習は
ただテクニックを身につける
ということだけでなく、
アイデアのストックをしたり
どれくらいうまくいくか試したり
という実験を兼ねると
やればやるほど上手くなるし
データも増えて行くので
「何をしたらいいかわからない」
というようなタイプの
練習ストレスは軽くなっていく
という面もあるのかもしれません。

それが自分で練習を組み立て
られるようになるための
ひとつのヒントなのでは
ないでしょうか。

ついつい自分にとって流行ってる
習ったばかりや仕入れたばかりの
マイブームな練習に偏って
しまいがちな方にはメモ書きでも
記録するのはオススメのアイデア
かもしれませんね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド