練習

何時間練習すればいいですか?

中高生の講座で
「何時間練習したらいいですか?」
という質問を多く受けます。

有吉尚子です。こんにちは!

答えから言うと、
時間数は上達とは関係ないと
わたしは思っています。

1万時間練習したらプロになれる
くらい熟練するっていう
「1万時間の法則」
なんてこの頃よく耳にしますが、
あれはただ時間をかけたら成功する
ということではなくて
質のいい練習を積み重ねたら、
ということなんですよね。

テレビを観ながらロングトーンを
したり、
うるさくて自分の音が聴こえない
ような環境で音を並べてみたり、
そんな練習を1万時間やっても
変なクセが付いたり音を聞かない
習慣になったりするだけで
上達はしません。

音大受験生や学生は長時間練習する
と思われていますが、
これも「1日7時間やるぞ」とか
決めているわけではなくて、
やりたいことが一定のレベルに
達するために
必要なことをやってたら
結果的に長時間過ぎていた
というようなことなんです。

そんな経験を積み重ねて
どういう練習が実際に効果があって
そのときの自分に何が必要か
わかるようになってくると、
目標達成のための手順を
早く進められるし
できたかどうかを判断する耳も
できて来るので
ムダな時間はかけないで
良くなったりします。

プロ奏者でも
「これが終わってまだ時間に
 余裕があるから
 別こともやってしまおう!」
という人はいるでしょうが、
必要なことがもう出来たのに
「今日はもう3時間やると
 決めているから」
なんて無意味にずっと同じことを
繰り返す練習をする人は
いないでしょう。

大切なのはどれだけ長時間練習を
するかではなく、
どんな練習をするかです。

その必要な練習にどれだけの時間が
かかるかはその人の技術レベルや
耳のレベル次第なんですね。

参考になることがあれば
ぜひ活かしてみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-練習

© 2020 聴く耳育成メソッド