おすすめしたいもの コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

交響曲の練習にもなるアドリブ遊び

アドリブで遊ぶのって興味が
あるでしょうか。

もしかしたら難しいとか初めてじゃ
出来ないこと、なんてイメージも
あるかもしれませんね。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしがよく遊びに行ってる
ジャムセッション専門の音楽教室
での講座はアドリブは全く
やったことのない初めての方でも
安心なシステムになってるので
興味あるけどセッションバーなどは
ちょっと敷居が高い、なんて方に
オススメかもしれません。

ちょっとだけご紹介しますね。

ここでは楽譜は一切無しで、
理論もほとんど無し。

使う音はドとレの二つだけ
とあえて決めてやってみます。

前にやった人を真似たり
違うことをしてみたり
耳と目でコミュニケーションを
取っていくのが面白いんです。

使う音を二つだけにすることで
どの音を選ぼうかたくさん選択肢が
あると瞬時に選べなくてワタワタ
しなくて済むし、
指使いでパニックになったりも
しなくて済むから
心に余裕が持てるんですね。

その分の余裕で周りを見渡したり
他の人の音を聴き取って真似したり
なんて遊ぶことができるんです。

楽譜にかじりついていると
正しく演奏しているようで
周りとは全くコミュニケーションが
取れてない演奏になる、
なんてクラシックでも
よく見かける光景ですよね。

クラシックで演奏をする人も
楽譜無しで単純な音形のやりとりで
アンサンブルをする練習というのを
取り入れたらすごく勉強にもなるし
トレーニングとして
楽しく出来るものなんですよ。

種類は違っても相手の出した音に
その場で反応するという点では
クラシックもジャズもポップスも
同じですものね。

例えば楽団の練習休憩中なんかに
遊ぶ方法として、
こんな方法もあります。

たとえば「ドレミファソラシド」
という音階しか吹かないと
決めて全員順番に吹いてみます。

大きくしたり小さくしたり
スタッカートにしたりレガートに
したりというのを前に吹いた人の
そっくり真似をしたり、
前に吹いた人とは違う新しい
アイデアでやったりします。

真似する場合、
全く同じようにと言っても
小さな変化がやはり出てくるので、
それも真似します。

そうすると伝言ゲームのように
最後の人にいく頃には
全く違っていたりして
結構おもしろいんですよ!

これを音階ではなくて自分の
好きな音を選んでやっていくのが
ジャムセッションですね。

交響曲でも自分と同じフレーズを
前後に誰かがやっている、
なんてよくありますよね。

同じ風にしたいのかそれとも
全くカラーを変えたいのか
色んな場合があるでしょうが、
何となく楽譜通り・・ではなく
意図を持って真似をするのか
違いを引き立たせるのか
考えたいですね。

この遊びのセッションで
前の人と必ず違うことをすると
決めてやっていく場合、
お互いのアイデアでシェアしあえて
引き出しがたくさんに増えます。

ひとつのフレーズを
どんな風に魅力的にするかの
アイデアを共有できる
有効な練習です。

普段の仲間と遊びでやってみると
アンサンブル能力が
すごく上がるのでぜひ試してみて
くださいね。

わたしが参加している
ジャムセッションの音楽教室は
こちらです。

ジャムセッション専門の音楽教室FTJS!
http://www.jam-life.com/

興味があればメルマガで
イベント情報を受け取れるように
しておくと良いかもしれません。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-おすすめしたいもの, コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド