アナリーゼ 思考と心 音楽理論

身近な人が亡くなって悲しいのはなぜですか?

Pocket

良いと言われてる作品や奏者、実はどこが良いのかわからない・・そんなことって無いですか?

有吉尚子です。こんにちは!

「自分はそれは好きじゃない」というのとは別に、何かしらいいはずなのだけれどどこが良いのかピンと来ないという場合のお話です。

趣味や好みは十人十色なのできっとみなさん何かしらそういう経験をしていることと思います。

音楽に関して言うと、作品の魅力がわからないのは自分に感じる心が無いのではとか他の人に聴こえる何かが自分には聞こえてないのではないかなんてことではありません。

着眼点を知らないからなんです。

例えば、タバコのポイ捨てをしてる人を見かけたらちょっと嫌な気持ちになりますよね。

それは「タバコは灰皿に入れるもの」というのを知ってるからこそ感じる違和感からきています。

他にも人が亡くなったときに悲しいのはもう動かないし会えないことを知っているから。

それを知らなかったら、呼吸運動が停止したのはただ物理的生理的な変化が起きただけとしか感じられないはずですよね。

ラヴェルのボレロが面白いのはたくさんの音楽理論の規則を破りまくってるから。

規則を破って面白い響きをわざわざ作ってるんだと知らなければ、変な響きなだけで何が面白いかなんてわかりません。

それまでただの色付け飾り扱いされていた管楽器をメインにしたところが新しいんだ!

この作品はソナタ形式などのありがちな構成に比べてこんな風に特徴的なんだ!

それってどこに注目すると面白いかわかってるからこそですね。

何の予備知識もなく楽器の演奏もしたことのない方が「音楽はわからない」というのはセンスが無いとかそんなことじゃなく前提として知ってると楽しめることを知らないからです。

そう考えると音楽の世界は無限ですから長く演奏を続けているわたし達もまだまだ新しい着眼点を知ることは出来るんですよね。

そういう風に作品のどこがどう魅力的なのかに気がつく感性を磨くためのものがアナリーゼです。

決してなにか唯一の正解の表現を求めるためではありません。

すでに知ってるしわかってる作品をもっともっと魅力的に感じるためにまだまだ出来ることはたくさんあるんですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 思考と心, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド