ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 思考と心 本番

有名奏者はいい演奏をするはず?

有名奏者なら上手に違いない!
来日プレーヤーの演奏なら
感動するはずだ!

そんな風に思ってはいませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

例えば有名なプレーヤーが海外から
来日したときに、
やたらめったら速いテンポで
吹き飛ばしてミスもたくさん、
音色の変化もほとんどなければ
アンサンブルもぐちゃぐちゃ、
そんな演奏に行きあったことは
あるでしょうか。

素晴らしい演奏を聴かせてくれる
プレーヤーもたくさんいますが、
わたしは今までに結構たくさん
そういう演奏も聴いています。


(写真は画像モデルさんです)

これは来日演奏家がダメだ
とかいう話じゃありません。

逆に自分の出来る限りの精一杯で
作品と向き合って表現しようとする
アマチュアプレーヤーの方に
ものすごく感動させられる演奏を
聴かせていただくこともたくさん。

テクニックがあればいい、
有名であれば素晴らしいはずだ、
アマチュアの演奏なんて…
そんな風に思っていたら
実際に目の前にある演奏を
ちゃんと聴く機会を逃して
しまうかもしれませんね。

作曲家が138で指定したテンポを
スーパーテクニックで160で
吹いた演奏にあなたはどんな音楽を
感じるでしょうか。

きっとびっくりはするでしょうし
テクニックに目が行ったりは
当然するでしょう。

そしてそれは音楽的な刺激ですか?

運動神経やそうなるくらい繰り返し
何度も演奏してきたという事実には
刺激を受けるかもしれません。

それが自分にできないことなら
なおさらコンプレックスが
刺激されて技術的なことや
訓練にかけられた時間のことに
興味を引かれるでしょう。

それでもコンサートをわざわざ
聴きに行くのは他人の運動神経や
キャリアを見に行くわけでは
ありませんね。

そんなのは別に家でテレビで
みたってたいして変わるものじゃ
ないんですから。

そのひとの持ってる音楽や表現、
どんな風に作品に向き合ってるか
なんてことに触れたいのでは
ないでしょうか。

音量やテンポなんていう
わかりやすいことばかりに
耳を向けるのではなく、
もっと繊細なニュアンス変化や
音色の違いなどに注目すること、

また良いとか悪いとか判断
しようとせずに
そのときにどんなものに
出会えるのかオープンな気持ちで
聴いてみること、

そうやって聴いてみると
音程だリズムだテクニックだと
自分が気にしていてわかってる
ポイントばかりではなく
もっと深いところにあるものが
聴こえてくるかもしれませんよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 本番

© 2020 聴く耳育成メソッド