コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

ハーモニー練習では合うのに

Pocket

ハーモニーを合わせる練習のとき、ロングトーンで吹いたときにはちゃんとキレイに合っているのに曲の中になるとなぜかガタガタ・・

そんなことってないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

これって実は起こるべくして起こってることなんですね。

なぜかというと、和音をひとつだけ取り出して無表情なロングトーンで鳴らすときの吹き方と、曲の中で役割りを持った音として表情を付けて鳴らすときの吹き方はぜんぜん違うから。

興奮してfffでcon fuocoなとき、身体にも音にも力が入っていたりアンブシュアを工夫していたり、表情のための音色作りに色々なコントロールをしています。

そういうときって音程や含まれる倍音だって変化しているものです。

それなのにそういう表情や曲の中での役割りを無視して取り出して合わせても、曲の中の吹き方とは違うんだからまた曲に戻った時に合わせた時と条件が変わってしまうのは自然なことですね。

もちろん曲の中でのコントロールの目安としてハーモニー合わせをするのは役に立つことです。

そのハーモニー合わせのトレーニングで傾向を把握したら、曲の中では耳を使ってお互いに微調整しあう必要があるんですね。

みんなでチューナーで合わせて、ここは何セント低くしたいからアンブシュアをこれくらい緩めて、なんて決めてしまって自分の耳を使わないでいると、いくらハーモニートレーニングをやったってさっぱり合わないということが起きてしまうんです。

また反対にハーモニーが濁らないことを第一にして表情や音色の変化をしない無表情な演奏になるというのも本末転倒ですね。

タテヨコを揃えるためでなく、本当は音楽のためにお互いに聴き合ってアンサンブルを整えたいのではないでしょうか。

音程を合わせるトレーニングをするときにぜひとも考慮に入れておきたいことですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド