アナリーゼ コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習 音楽理論

音程トレーニングの目的とやり方

音程トレーニングと言われるもの、
色んなやり方や目的がありますが
あなたが普段アンサンブルや楽団の
仲間と一緒にやるときは
どんなことを目指していますか?

有吉尚子です。こんにちは!

曲の中から合わないところを
抜き出してみたり
ハーモニートレーニングの本を
やってみたり、
というのは多いと思います。

もちろんそれでもいいでしょうが、
和音って曲の流れの中で
どんな役割りなのかによっても
出したい音は変わりますよね。

例えばC-durのドミソとF-durの
ドミソは構成音は同じでも
役割りは全然反対なわけです。

C-durのドミソなら主和音なので
落ち着いた感じとか行き着いた
感じになる和音ですが、
F-durのドミソは属和音だから
落ち着きに向かいたいエネルギーを
持った盛り上がりの和音です。

こういうのを考えずにただ単に
濁りがなければOK!
なんてわけにはいきませんね。

ここはどんな場面だから
こんな表情にしたいよね、
そのためにこの和音はこんな響きに
なるように合わせてみよう、
そういうことも必要ですね。

そうやって合わせてみると
つまらない音程トレーニングが
ものすごく頭を使う面白い練習に
変わってきたりもしますよ。

ピンときたら取り入れてみて
くださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド