アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 個人レッスンのご感想 合奏・アンサンブル 生徒さんの声 練習 身体の仕組み

上手くなりたいという強い意思のある方にオススメ

普段は吹奏楽やオーケストラなど
合奏団体に所属するのではなく
ピアノとのデュオなど小編成の
アンサンブルをされている
ユーフォ吹きさんが、
ソルフェージュのレッスン
いらっしゃいました。

無伴奏でも拍やリズムにも
自信を持ってフレーズを歌いたい!

とのことでしたが、
ご自身の無意識でやりがちな
クセや傾向に気付いて
これからの練習で取り入れて
やっていきますとのことでした。

そんなユーフォ吹きさんからの
コメントをご紹介します。

↓↓↓ここから↓↓↓

有吉さん、こんにちは。

レッスンありがとうございました。

普段から自分のしていることを
観察することが大事ですね。

感想をお送りします。

●レッスン前のお悩みは
 どんなことでしたか?

(1)伴奏やメトロノームがないと、
一定のテンポで曲を演奏できない

(2)ブレスのあとの
音の立ち上がりが遅い

(3)速いパッセージで
指がまわらない

●どんなことを学びましたか?

普段から自分の演奏を観察
することが大事なことに
気づけました。

以下はレッスン中に有吉さんと
お話をしていく中で
気づけたことです。

いずれも、演奏中に意識して
取り組めば改善できるかも。

(1)4/4拍子で、3拍目、
4拍目が速くなること

(2)速いフレーズ中のブレスの仕方が
演奏を始める前のブレスと違うこと

対策として、
同じブレスとするために
曲のブレスのタイミングで
一旦止めて体をリセット
することを繰り返せば
できそうです。

(3)2度の上降で次の音を
上に取りやすい。
下降も同じ。※ド⇔レ

●有吉尚子ってこんな人でした。

落ちついている方でしょうか。

演奏中の体の使い方を
良く見てくれていました。

●このレッスンはどんな人に
 オススメですか?

うまくなりたいという
自分の意志を持っている人に
オススメです。

●これからレッスンを
 受ける方に一言!

まずはレッスンを体験してみては
いかがでしょうか。

東京都 会社員
MKさん
ユーフォニアム

↑↑↑ここまで↑↑↑

テンポをキープするときのクセや
発音動作に含まれてる動きの習慣、
ご自身の音程のとり方の特徴など
かなり精密なレベルで観察を
されていました。

まずはズレやクセに気がつくのが
改善の第一歩であり、
上手くなりたいという強い意思を
お持ちだったので、
これから続けていくうちに
どんどん変わっていきそうですね!

MKさん、
どうもありがとうございました!

こんな個人レッスンはまず体験から
受付をしています。

気になる方はこちらから
個人レッスン詳細へどうぞ▼
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form/5118

メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 個人レッスンのご感想, 合奏・アンサンブル, 生徒さんの声, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド