ソルフェージュ レッスン 練習

パラパラ音出しで下手になる

Pocket

何も考えずとにかく吹きながら指をパラパラ動かしていたり、ひとつひとつの音がコントロールされていない暴力的な音出し、見かけたことはありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

中高生にとても多いんですが、何の音を出すかもちゃんと考えず音を出すのはおすすめできません。

なぜかというとちゃんと一つ一つの音がコントロールされていない状態で出て来る音が当たり前になってしまうから。

楽器によって鳴りやすい音や反対になりにくい音はありますよね。

それを吹き方でコントロールして結果的に意図したバランスで鳴らせるよう習慣付けていくのが練習の作業でもあります。

それなのに何のコントロールもしなければデコボコな音量音質で音は出て来るし、それを聴き慣れたら自分の音はそういうものだと思ってしまいます。

曲の中でもデコボコがあるのは当たり前に感じるし、そのデコボコがコントロールをすることで滑らかに出来るなんて思いもしなくなってしまうことも。

下手であることがあたり前になりたいでしょうか?

そんなことを望む人はもちろんいませんよね。

曲の中には何にも意図しない音は一音もありません。

ただの音出しだって目的がない音出しはありませんね。

目的が無いんなら家でテレビでもみてる方がずっと良いです。

音出しに意味が無いなら合奏が始まるギリギリまでお菓子を食べてたって何も変わらないはずですよね。

丁寧に意図をちゃんと持ってする音出しは音のコントロールをする習慣を作るだけでなく、自分の耳も良くしていく効果もあるものなんです。

あなたは普段の音出しのときにどんなことを意図していますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, レッスン, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド