ソルフェージュ レッスン 思考と心 練習

不安なところの確認吹きの仕方

Pocket

アマチュアの方のレッスン前、音出しを見ているとそのついでに心配な箇所を実際に必要なテンポより速くコソッと吹いてみるようなことがあります。

これ、不安を解消したいという気持ちは伝わってくるんですが、あまり上手く行ってなくて不安解消どころかさらなる不安の呼び水になってることが少なくないんですね。

有吉尚子です。こんにちは!

吹いてみるのは良いんですが、それは一体何のためなのでしょう。

最後の練習なのかもしれないし、出来るか試したいのかもしないし、無意識かもしれません。

実際に今の音出しはどんな目的でやったんですか?なんて尋ねてみると、「あまり深く考えていません」という回答がとても多いです。

心配なフレーズをレッスンや本番の前についつい確認のためにやりたくなる気持ちはとてもよく分かります。

とはいえそのフレーズが成功するための意図手順も考えずに無意識的に音を出すのはあまりいいアイデアとは言えないんですね。

なぜかというと、どうしたらうまくいくか考えないで音を出す習慣を強化して本番でも同じことをしてしまいがちだから、というのがひとつ。

もう一つは上手くいかせるために何も意図しないというのは上手く行ってもそれは偶然であって再現性が無いから。

それに失敗したらそれが耳に残って本番でもそのイメージを引きずってしまいますよね。

さらに上手く行かなかった確認音出しのせいで焦って心に余裕がなくなってしまったり。

では確認にやってみたいときはどうしたらいいんでしょうか。

その答えのひとつは口で音を言えて全部の音をやりたいように出来るゆっくりなスピードでやること。

目的は音を確認することとそれをやるための手順を確認することなので、本番でやるインテンポじゃなくていいんです。

インテンポのときに考えたいことやしたい動きを思い直すためならそれが出来ないような高速でやれば混乱するのは自然なこと。

ちょっとだけ確認のために吹いてみるなんてときには頭に置いておきたいことですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド