楽器練習効率化ガイドブック

アマチュアの方のレッスン前、
音出しを見ていると
そのついでに心配な箇所を
実際に必要なテンポより速く
コソッと吹いてみるようなことが
あります。

これ、不安を解消したいという
気持ちは伝わってくるんですが、
あまり上手く行ってなくて
不安解消どころかさらなる不安の
呼び水になってること
少なくないんですね。

有吉尚子です。こんにちは!

吹いてみるのは良いんですが、
それは一体何のためなのでしょう。

最後の練習なのかもしれないし、
出来るか試したいのかもしないし、
無意識かもしれません。

実際に今の音出しはどんな目的で
やったんですか?
なんて尋ねてみると、
「あまり深く考えていません」
という回答がとても多いです。

心配なフレーズをレッスンや
本番の前についつい確認のために
やりたくなる気持ちは
とてもよく分かります。

とはいえそのフレーズが成功
するための意図手順も考えずに
無意識的に音を出すのは
あまりいいアイデアとは
言えないんですね。

なぜかというと、
どうしたらうまくいくか考えないで
音を出す習慣を強化して本番でも
同じことをしてしまいがちだから、
というのがひとつ。

もう一つは上手くいかせるために
何も意図しないというのは
上手く行ってもそれは偶然であって
再現性が無いから。

それに失敗したらそれが耳に残って
本番でもそのイメージを引きずって
しまいますよね。

さらに上手く行かなかった
確認音出しのせいで焦って
心に余裕がなくなってしまったり。

では確認にやってみたいときは
どうしたらいいんでしょうか。

その答えのひとつは口で音を言えて
全部の音をやりたいように出来る
ゆっくりなスピードでやること。

目的は音を確認することと
それをやるための手順を確認
することなので、
本番でやるインテンポじゃなくて
いいんです。

インテンポのときに考えたいことや
したい動きを思い直すためなら
それが出来ないような高速でやれば
混乱するのは自然なこと。

ちょっとだけ確認のために
吹いてみるなんてときには
頭に置いておきたいことですね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。