アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習

上手くなる人とならない人の違い

Pocket

上手くなる人といつまでたっても変わらない人の練習のしかた、どんな違いがあると思いますか?

有吉尚子です。こんにちは!

たくさん違いはあるでしょうが、その中のひとつが、「出来るようになるのを待てるかどうか」だと思います。

練習でだんだんテンポを上げていくようなときに、小さな引っ掛かりを感じたところで

・原因は何か

・どうしたら解決出来るか

ということを考えるのは大切です。

引っかかりを解消するための意図や手順がわかったらそれを選択する習慣をつけるため繰り返しやってみます。

そうすると無意識でもその引っかかっていたところを成功させる奏法を出来るようになるんですね。

そしたら次のテンポに上げていきましょう。

ここで小さな引っ掛かりを解決しないで次に進んでいくと、問題に対処する時間が短くなって選択スピードも必要になってきたある一定のところから全然上手く行かなくなります。

10も20もテンポを上げてからそれに気がついて3とか5とかもう一度落としてみても手遅れ。

対処可能なほんの小さな引っ掛かりだったものは、放置してすすめていくうちにいくら繰り返してもどうにも出来るようにならない障害になってしまっています。

ちゃんとできるようになってから先に進むためにできるようになるために情報を集めたり実験したりするのを待つ、それが出来る人はどんどん上手くなっていきますね。

あなたは練習のときに小さな引っ掛かりの解決をしていますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド